桜色舞うころ ~ James Mortimer

今年の春は花が遅く、いつもならもう衣替えを済ませているはずのせせらぎ公園の染井吉野が、わずかに盛りを過ぎた程度に留まっています。

天気予報も二転三転し、雨のはずだった週末が暖かな快晴へと変わりましたので、今週末は気持ちよくお花見を満喫できそうです。

花冷えに挫けそうな日もありましたが、ようやっと春本番と言い切っていい頃合いかも知れません。

となると、こんなリネンのシャツに気が向くというもの。


リネンシャツといえばお馴染みのJames Mortimerから今季も届いた、薫り高い春の風です。

ホワイトとネイビーに加え、リネンでは初登場のペールピンクに、なんとも情趣を擽られます。

形状は少しゆったりとしたコンフォートフィットタイプ、今時期はもちろん、暑くなっても風通しのよいゆとりで、高温多湿の季節を快適に過ごせます。

前立て裏に代表される高次元の縫製技術、

小振りでやや開いた柔らかな襟の醸し出す清潔な色気、

清涼なアイリッシュグリーンの三角ガセット、

どこを見ても春夏の日常を豊かに彩ってくれそうです。

使用されているリネンもその質の高さゆえ、着用と洗濯を繰り返すたびにみずぼらしくなるどころか、滑らかで肉感的な肌触りへ育っていきます。

今から馴染ませて初夏、夏に気持ちよく身に纏える、そして来年以降は春から存分に楽しめる、一枚の服とのそんな付き合い方なんて素敵ではないでしょうか。

オンラインストアはこちらです→ ペールピンク/ ホワイト/ ネイビー


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です