FOR YOU ~ 4THE/ British Harness Leather Pass Case

一体洋服屋のオリジナル商品というのは、その店の姿勢、真価が問われるべきものです。

以前も書いた通り、服作りを学んだわけでもそこに携わる仕事をしていたわけでもないうえ、自分のアイディアも想いも大して入っていない品にタグだけつけて「オリジナル」を名乗って販売する行為の欺瞞たるや。

いくら当店が貧乏零細商店であるとは言えど、そこへの抵抗感と短期的な利益を天秤にかけたとき、まだ後者には行かないぞという気概は捨てていません。

という前提ありきで、初のオリジナル商品の登場です。

服はさすがにまだ企画できませんが、店主はかつて生産管理担当者として革製品業界にいた人間。
意図を理解してくれる作り手さんとの出会いが、この挑戦を可能にしました。

都筑ふれあいの丘を拠点として吉田大祐氏が手掛ける4THE(フォーザ)は、手縫い、なかでも駒合わせという技法を得意とし、基本的にはオーダーメイドにて様々な革小物を製作する新進ブランドです。

ご近所であることもあり、お取扱いを検討し打ち合わせを進めていく中で、ふとパスケースの話題になりました。

最近はほんとうに便利な世の中になったもので、PASMOなどの交通系ICカードがあればコンビニはおろかマクドナルドや薬局など、幅広い場所で買い物ができますよね。

店主自身もちょっとそのへんに細かいものを買いに行くときは、PASMO一枚だけポケットに入れていきます。

財布に一緒に入れて持ち運ぶ方も多いとはいえ、夏場の移動など、やはりポケットに気軽に入るサイズ感というのは何かと便利です。

かつてはパスネットなども存在したため、複数カードの入るケースが重宝したものでしたが、現在はこれだけ収まればじゅうぶんではないでしょうか。

そこで、カード一枚を収めるという最小限の機能に特化しながらも、世界のどこへ出しても胸を張れるデザインおよび品質を徹底的に追求したパスケース製作の運びとなりました。

最も重要な革については、J&FJ Baker社(チャーリー君のベルトでも使われていましたね)のオークバーク鞣しハーネスレザー”Harness Back”を採用しています。

ハーネスレザーというのはあまり聞きなれない名ですが、これはブライドルレザーの一種で、ハーネス用としてより強度を高めた革です。
そのままだととても小物に使えない厚さのため、今回は2mm厚に漉いて使用しています。

オークバーク鞣しは古代ローマ時代より伝わる手法で、工程に一年以上の時間を要しますが、そこから生まれる革はずば抜けた耐久性を誇る最上級品となります。

ベイカー社では自社の牧場で飼育した牛を用いているため、市場の供給や品質の変動にも左右されず、生産数こそ限られながらも常にその品質が保たれています。

また、同社の革全般に言えることで、一般的にブライドルレザーにつきもののブルーミング(蝋分の浮き)がほとんど見られません。
これは蝋分が少ないのではなく、丹念に時間をかけて表に浮き出ないほど深くじっくりと浸みこませているためです。

皮本来の傷、血管痕、皺などは革になってもそのまま残され、また色落ちや色抜けも発生するため日本の百貨店的価値観での「綺麗な革」の部類には入らないかも知れません。
しかし、そうした表層のファッション性や合理性を超越した魅力に溢れる革と言えます。

パスケースは毎日、そして長年使い続けるもの。
それでいてハンドバッグなどと違いファッションアクセサリーにはなりづらい性質も備えています。
ゆえに、粗野ではあっても自然な風合いをもち、きわめて剛健なこの革が最も適しているのではと考えました。

肉厚で頑強至極につき、裏張りは施していません。
ですからケースの内側はバサバサしています。

この裏面がほどよい摩擦を持つため、ケース自体にカードを出し入れしやすい幅を確保しながらも、望まない場面で滑り落ちるような事態を防ぐことが可能となっています。

角はカーブをつけず鋭角的に落とし、カード一枚が収まるだけの構造ゆえのシンプルなデザインに、ほんのささやかなアクセントをつけました。

先述しましたが手縫いに長けた4THEさんによるものですから、当然このパスケースもミシンでなく手で縫われています。

縫製強度に優れているだけでなく、肉感的な程よいボリュームのある縫い目で、且つ裏表がなく、どちらから見ても美しいステッチワークです。

そのステッチについては、黒や白といった定番的な色のみならず、オレンジやピンク、パープルなどといったものも含め10色の中からお選びいただけます(画像サンプルはブラックの革×ダークブラウンの糸、ダークウラウンの革×パープルの糸です)。

このパスケースは完全受注生産品となっており、革(ブラックとダークブラウン)とステッチの色を指定の上オーダーいただいてから一点ずつ作ります。
納期はだいたい3週間程度とお考えください。

なお、専用の箱に収めてのお渡しとなります。

あまりこのブログでは価格のことには触れないようにしているのですが、素材や縫製など本質的な要素は極限まで突き詰めながらも、余計な機能や虚飾を削りきった(ロゴ等の刻印も不要と考え省きました)ため、ここまで作りこみながらも税抜き価格でアンダー一万円を実現しました。
来たる進学や就職などをきっかけとした若い方の新生活に向けてもお薦めできます。

店頭に製品サンプルや上の画像にもあるステッチサンプルもありますので、是非一度ご覧ください。

これからの日々を共にする相棒の配色について、きっと想像力が拡がるはず。

手前味噌と言われても、胸を張って誇れる自信作です!

オンラインストアからのご注文はこちらからどうぞ


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です