潮の流れの 目ざめの色に ~ Jens/ BLOUSON(MEN)

昨年初登場したJensのメンズラインが、今年も魅せてくれます。

漸う暖かくなってくると上着といっても軽快なものに気が向いてくるもの。

となればシャツにも用いる高密度ポプリンシャンブレーで仕立てられたこのブルゾンから目が離せません。

ネイビー、カーキ、どちらも見る角度で表情を玉虫色に変えます。
特にカーキだとその艶やかさがよく判りますね。

襟元や袖口など、ボタンはすべて本体と共生地くるみで目立たないようになっており、さらに全体的に縫い目がほぼ出ないようになっています。

こうして諸要素が禁欲的なまでに削ぎ落とされ、この服がもともと内包しているシンプリシティが次のステージまで押し進められました。

前立て比翼の下はファスナーです。

開閉の滑らかさに優れ、また金属の光沢が上品な、YKK最高級グレード”エクセラ”を採用しています。

このように細部までその美学が貫かれた、まさにJensそのものと言えるようなブルゾンに仕上がっています。

普段の装いに良質の緊張感を添えてくれる鋭角性を持ち、しかしその着心地や使い勝手には気が配られている、表現が適切かどうかいまいち自信が持てませんが、ツンデレなブルゾンと言えるかも知れません。

冒頭でも述べたように気候はまさにちょうどいい頃合い、是非早速のお試しを。

オンラインストアはこちらです→ ネイビー/ カーキ


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です