静かな湖畔の森の影から ~ KESTIN HARE/ ELPHIN SHORTS

梅雨というより台風の影響で、仲町台はいつも以上に通り行く人が少なく、ただただ風に揺れて擦れる葉と雨の音だけが響いています。

わずかにひんやりとした風が肌に心地好いですね。

ここから明日は一気に気温が上がり、なんと30度に達する見込みだとか。

…さんじゅうど!

ますます短パンに意識が向く方も多いのではないでしょうか。

ともすれば装いがくだけすぎになりがちなショートパンツ、本質的に涼を求める形状ですのでそれはそういうものなれど、ケスティンエアの手にかかればひと味違います。


ハイランドの丘陵地帯に位置する湖畔の町の名を冠したこのパンツは、腰回りのすっきりした形状、裾の折り返しなどにより上品な印象を備えています。

素材には若干のストレッチが入れられており、細身でありながら窮屈さはありません。

ベルトループも設けられているものの、腰にはドローコードが仕込まれていますので、イージーパンツとしても着用可能です。

ボタンはケスティンエアが毎年何かしらのアイテムで採用している、金属製のもの。

本体の生地と同色のコーティングが施されており、着用を繰り返すとここが剥がれ、渋い味わいを見せてくれます。

今シーズンは日本製の割合が増えた同ブランドですが、このショートパンツは英国で生産されています。

若い方から大人まで、来たる酷暑の中でも泰然たる姿勢を崩さぬ紳士諸氏のための一本です。

オンラインストアはこちら→ ネイビー/ ストーン


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です