苔のむすまで ~ tilt The authentics/ ハイカウントラバークロスカバーオール

気がつけば二月もそろそろ終わりつつあり、陽の光も強さを増して春の訪れを教えてくれています。

促されるかのように週末は春物をお求めのお客様が多数来店されまして、いやはや有難い限り。

そんななか一際目立った反応をいただいたのが、このカバーオールジャケットです。

昨年の夏の終わりに鮮烈なデビューを果たし、今回が初の春夏シーズンとなるtilt The authentics(チルト・ザ・オーセンティックス)。
ますます実力に磨きがかかり、この春もわれわれを楽しませてくれます。

さてカーバーオールといえばワークウェアの筆頭株であり、どうしても土臭さといいますか、肉体的なぬくもりを感じさせがちで、それが大きな魅力ではあるものの、ときに扱いづらさの一因となることも。

しかしこのジャケットに関しては、清涼な凛とした印象を崩さず、それでいてカバーオールならではの佳さはしっかりと残されています。

大きな要因としては、まずこの透徹な苔色の生地。

綿、ナイロン、ポリエステルを混紡し、高密度に織ることで、マッキントッシュのゴム引き生地を思わせるハリ、コシを生み出しました。

軽く製品洗いが施されていますので、余計な硬さは取り除かれ、最初からほどよくこなれた風合いとなっています。

洗濯強度が高く(ネット使用推奨ではありますが)、また乾くのも早いため、扱いが楽なのがうれしいですね。

一見シンプルなデザインながら、構造も練られています。

袖付けはスプリットラグラン。

肩に沿った縫い目から前側がセットインスリーブ、

背面側がラグランスリーブという合わせ技に、ニヤリとさせられます。

ぐぐっと前振りにとられた袖自体も立体的なつくりで、とても動きやすく、また単体で吊るした時よりも着用時に綺麗に見えるよう設計されています。

胸ポケットは内ポケットとしてのみ設けられています。

裾のベントはアメリカントラッドのブレザーなどによく用いられる(VAN世代の紳士諸氏に於かれましてはよくご存知かと思われます)フックベント。
カバーオールではあまり見ない仕様です。

両脇のポケットにはダーツが設けられ、奥行きをもたせました。

ボタンは水牛の角の削り出しを用いており、カバーオールの持つ粗野な印象をより削ぎ落としています。

これらすべての要素が融けるように合わさり、素晴らしい一枚へと昇華致しました。

春に限らず長い時期、さまざまな装いに対応すること間違いありません。
耐久性にも秀でていますので、どんどん着込んでどんどん洗って体に馴染ませてあげてください。

若き新星が腕を揮って生まれた見事な一枚、是非今のうちにお手元へ。

オンラインストアはこちらです


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です