世界でいちばん熱い夏 ~ MASTER & Co./ コットンリネンバウンスウェザークロスパンツ&プルオーバー

昨日まで開催されていたEuphonic LOVEも無事閉幕。
Olde Homesteader福原さん、Itheのお二人方、そしてご来場いただきましたお客様、愉しい時間を有難うございました。

本日からまた平常運転ということで、さっそく夏の目玉商品をご覧いただきましょう。

MASTER&Co.の代表作のひとつであるベルト付きチノクロスパンツ。

コシの強い生地、ほどよい太さでバランスのよいシルエットなど、その完成度の高さは今更言うまでもないことですが、その剛性ゆえにとりわけ昨今の真夏にはやや暑いような気もしていました。

そんな話をメーカーさんとしたところ、型はそのままに生地を当店で指定したものを別注として作ってみないか、とご提案をいただくことに。

そんな次第で生まれたのがこちら。

コインポケットやサスペンダーボタンなど、形状、仕様は前述したように定番モデルを踏襲しています(ただし、ガチャベルトは付属していません)が、

経糸にコットン、緯糸にリネンを用いて高密度に織り上げたウェザークロス、さらにこれをバイオ加工して表面を滑らかにし、シリコンを含浸させたうえ熱風処理を施すことでふわっとした表情、弾むような質感を引き出した生地を採用しました。

チノクロスほど織り目が目立たず、それでいてちょっとスラブ感があるのがなんとも佳い雰囲気です。

夏用ですからリネンは念頭にあったものの、どうしてもリネンが多いと穿き皺が目立ってしまい、それはあまり望ましくはありません。
そこで選んだこの生地は、さらりとしたリネン混ならではの清涼感はそのままに、比較的皺になりにくいという、なんともうれしい特性を持っています。

そして何といっても特筆すべきは穿き心地。
素晴らしく軽く、涼しく、8月の風を両手に抱きしめても爽快です。

ポケットの内布も、本体の特性に合わせ、通常モデルとは異なる薄手の生地に変更しています。

手前味噌ながら、夏の逸品と呼べるパンツができました。

ユニセックスで4サイズご用意しましたので、老若男女問わず皆様にお楽しみいただけます。

と、いつもならここで終わるところですが、今回はまだまだ続きますよ。

この生地、可能性に溢れていまして、パンツだけに使うのは勿体ないほど。

そこで、残反を使いプルオーバーシャツも作っちゃいました。

Tシャツ型ですが、生地自体に伸縮性がほぼないため、ふつうに作ってしまうといろいろと支障が出てしまいます。

襟周りは、頭を通しやすく、なおかつセクシーになりすぎないよう、何度も試作を繰り返し絶妙な塩梅に設定しました。

ブランド表示は着心地を重視し、タグの縫い付けでなくプリントとなっています。

襟裏には補強布。

袖は、一般的なカットソーのようにしてしまうと着脱の際に肘がひっかかってしまうことが懸念されたため、それをハンティングウェアなどに採用されているピボットスリーブにすることで解決しました。

袖の付け根が袖自体よりも下に設定されているのがお判りいただけますでしょうか。

裾はシャツの如くカーブを描き、また三角ガセットも設けています。

パンツもですが、洗うと生地にほどよくくだけた表情が生まれ、また手触りも柔らかくなります。
未洗いゆえファーストウォッシュの際にほんの少しだけ縮みが出る(サイズ感に大きな影響が及ぶような程度ではありません)とはいえ、基本的に洗濯に強い素材、つくりですので、どんどん着てガシガシ洗ってください。

なお、パンツと異なり、プルオーバーは店主がデザイン画から起こし、それを基にMASTER&Co.が製作しています。

各ディテールのみならずステッチの見え方に至るまで細かく指定、それを見事体現していただけました。

服飾の学校を出ているわけでもなく、服のデザイン画なんて人生で初めて描きましたが、こうして形にするには色々な方が関わっているんだなという当たり前のことを改めて再確認し、感謝とともにこれがお客様にどう受け入れられるのかという今までにない緊張感も強く感じます。

サイズはユニセックスのフリー。
幅に余裕を持たせながらも着丈をそこまで長くしていませんので、女性がゆったり着るもよし、男性がジャストで着るもよし、と着る方の個性に合わせて見え方の変わる一枚となっています。

パンツ、シャツともに自信作です。
是非一度お試しを!

オンラインストアはこちら→
パンツ ベージュ/ ネイビー
プルオーバー ベージュ/ ネイビー


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です