イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ  ~ Collonil

開店時から数えると当店のブログは2019/7/8現時点で約840記事、その中でも不動のアクセス一位を誇るのが、ブランドストーンのエイジングに関するこちらです。

この部屋でぼくはブーツのラインを眺めるだけ ~ Blundstoneのエイジングについて
http://euphonica.yokohama/blog/archives/3870

ブランドストーン日本公式サイトのお手入れガイダンス作成にあたってもこの拙文を参考にしていただいたようで、多くの方に読んでいただけていること、とてもうれしく思います。

ところが、この状況にも拘わらず、当店ではお手入れ用品の取り扱いがありませんでした。

昨今多くのケアグッズブランドが鎬を削る中、当店で扱うならここかな、というブランドは頭にあったのですが、実はこちらのブランドの代理店さん、当店店主が会社員勤めをしているときに担当していた会社さんでして、当時社の方針とはいえなかなかアコギな対応をしでかしていたため、申し訳なさ過ぎてお声がけができなかったのです。

しかしそれからおよそ10年が経過し、その記憶も薄れたらしく、有難くも先方から取り扱いのオファーをいただくこととなりました。

それが今回ご紹介する、ドイツのSalzenbrodt & Co. KG.(ザルツェンブロット社)のブランド、Collonil(コロニル)です。

その歴史は100年以上に及びます。

スウェーデンのレザーケアオイル用品業者オルセンのドイツでの総代理店事業を行っていたカール・エッセル氏がポールとウォルターのザルツェンブロット兄弟とともに新規事業を立ち上げ、フランス語でペーストを意味する”Coller”に因んだCollonilブランドでケアオイル”LEDEROL”を発売したのが1909年。

その後二度の世界大戦を経て、拠点もベルリンからウィーン、そして再度ベルリンへと変わり、さまざまな出来事がありながらも、高い品質の製品を自社の管理の下で作る姿勢は崩さず、それは今もなお受け継がれています。

そんなコロニルの代表作と呼ばれるのが、創業年を冠した乳化性クリーム”1909 シュプリームクリームデラックス”です。

栄養分の浸透性に優れたシーダーウッドオイル、豊かな保水効果を持ち革をしっとりと保つラノリンなどの天然オイルをブレンドし、皮革の内部までしっかりと養分が染み渡り、革製品にしなやかさと自然な潤い、品のある艶を与えます。

プルプルっとした質感のやわらかなクリームで、ほんのごく少量でも驚くほど伸び、浸透します。

また、フッ化炭素樹脂が配合されているため、軽い撥水効果も付与してくれる、至れり尽くせりの一本です。

このシュプリームと、先のブランドストーンの記事でも紹介したサフィールの油性ワックス(こちらは当店では取り扱っておりません)があれば、基本的なクリームは揃ったも同然でしょう。

くわえて、防水スプレーも二種提案致します。

まずはコロニルのなかでも長く定番として展開されている万能防水スプレー、”ウォーターストップ”(200ml/ 1500円)。

柔軟性や通気性を損なわず、約2週間ほど効果が持続します。

革にフッ化炭素樹脂を浸透させる仕組みですので、なるべくお手入れ前に用いてください。
すなわち、スプレー→乳化性クリーム(→油性ワックス)、の順です。

クリームを塗布した後だとスプレーの成分が浸透しづらくなってしまううえ、スプレーには溶剤が含まれていますので、とくにワックスをかけたあとだと、その溶剤でワックスが溶け、磨いた面が曇ってしまいますのでご注意を。

こちら革だけでなく、布などにも使えますが、革靴以外にはもうひと型の”カーボンプロ”(300ml/ 2400円)をお薦めします。

現在コロニルブランドの防水スプレーのなかでも最新モデルであるこのスプレーは、ウォーターストップのおよそ2倍の持続時間を誇るタフガイです。

成分を浸透させるウォーターストップと異なり、フッ化炭素樹脂とアクリル樹脂で構成されたカーボン繊維のような耐摩耗性に優れた網目状の塗膜を発生させ、通気性、強力な撥水性を生み出します。

もちろん柔軟性、屈曲性の邪魔はしません。

スニーカー、傘、防水透湿ウェアに最適ではないでしょうか。

また、シミになりやすい無染色のヌメ革にも使用できますので、こうした革を用いた製品にも心強い味方となってくれます。

当店のオンラインストアで契約しているゆうパックはスプレー缶の輸送ができないらしく、防水スプレーは店頭販売のみとなりますが、クリームは通販にも対応しております。

その圧倒的な実力、是非実感してみてください。

オンラインストアはこちらです→ 1909 シュプリームクリームデラックス


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です