アイム・セクシー ~ K.ITO/ レオパードカーディガン

唐突に個人的な話をしますと当店店主は昭和53年の生まれでして、K.ITOのデザイナー井藤さんが大阪の大学に進学したのも同年の春のことでした。

この年はかの『サタデー・ナイト・フィーバー』が日本でも公開され、空前のディスコブーム。
井藤さんも大学のご友人方と、夜な夜なディスコに繰り出したようです。

曰く、当時大阪のディスコでよくかかっていたアルバムのひとつが、ロッド・スチュアート『スーパースターはブロンドがお好き(Blondes have more fun)』だったとのこと。

今回ご紹介するカーディガンは、このアルバムジャケットに登場する女性に着想してデザインされました。

ぱっと見は気づきにくいのですが、近づいてみれば、なんとレオパード柄です。

そして、このひそやかな柄の仕込みのみならず、細部の細部に至るまで徹底的に熟練の技巧が発揮されています。

まず、表面にはラムウールを(柄は部位によってコットン、シルク、ナイロンが使われています)、そして裏面にはやわらかなモヘアを用いることで、すっきりした印象からはわからないほど着用者はふわふわの肌触りを楽しめるようになっています。

保温性はひじょうに高く、真冬でなければアウターとしても使えてしまうほど。

そう、カーディガンといってもジャケットに寄せたデザインでもありまして、それもただジャケット型にするわけではなく、そこにもやはりK.ITOならではの独創性が光ります。

定番のウールカットソーのカーディガン同様、首に沿って襟が立ち上がったような構造となっているだけでなく、比翼仕立て、さらにはその二重構造がそのまま襟にも繋がっているという、文章でいったいどこまで伝わるのかわからない凝りようです。

店頭に来られた他ブランドのデザイナーさんたちが口を揃えて「これは凄いな…」と思わず漏らすほどの圧倒的完成度、たしかに価格はそれなりにしますが、決して割高ではないことは着ていただければご納得いただけるに違いありません。

どうぞ一度店頭にてお試しください。

オンラインストアはこちらです


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です