いいじゃないか キャンバスは君のもの ~ yojiomi shoes & crafts/ card case

「緊急事態宣言の準備入り表明見通し」なんてまだ何もしてませんと同等の速報が昨夜流れ、けっきょく明日正式に宣言の予定となったそうですが、きちんとした補償が出るならこれに合わせ当店もしばし休業を検討しますし、出なければ座して死を待つか変わらず営業を続けるかを迫られることになります。

補償については嫌な予感しかせず(それが外れることを祈ります)、実際内容を調べても今までの自粛要請とあまり変わらないとはいえ、さて今後の身の振る舞い、どうしていくべきでしょうか。
のっぴきならないとはまさにこのことです。

ただこうしてクダクダと戯言を書いていられるのもまだある程度の余裕あればこそ、ニューヨークの様子を見るに2週間後くらいがわれわれ日本人にとって大いなる局面となるのかも知れません。

と、ついつい陰鬱な話ばかり垂れ流してしまう昨今ではありますが、舞い散る桜の下、多くの人々が大きな希望と一抹の不安を抱きながら新生活の一歩を踏み出す季節でして、学生さん、新社会人の皆さんのみならず、フレッシュな環境を迎える方は実際のところ多くいらっしゃるわけです。

となると新調したくなるのが名刺入れ。

せっかくの春です、こんな暗澹とした時代への抵抗の意も込めて、絢爛極まる美麗な逸品をご用意しました。

以前のブログで今季の新ブランドはsmoothdayだけとお伝えしていましたが、緊急参戦。
ご紹介しましょう、yojiomi shoes & crafts(ヨウジオウミ シューズアンドクラフツ)。

その銘の如く本来は靴に主体を置いたブランドで、靴職人である近江洋司氏によって2017年に発足した新星です。

ハンドソーンウェルテッドシューズの技術を基盤とした完成度の高い靴づくりは前提として、最大の特徴は色使い。
近江さんご自身の手によって染色が施され、実用品としての靴を超える新たな価値が吹き込まれています。

名刺入れにもこの染色技術が活かされ、お好みに合わせ2種類の革からお選びいただけます。

まずはタンニン鞣し。いわゆるヌメ革です。

使い込むほどに色が深まり、コクのある艶が生まれます。

もう一方が白鞣し。

その名の通り無染色状態の色が白という、実はかなり珍しい種類の鞣しが施された革です(余談ですが、一般的に無染色だとタンニン鞣しの革は淡いベージュ、クロム鞣しだと青みがかった灰色になります)。

染料を遮る地の色がないため、たいへん鮮やかに、透徹な調子で仕上がるのが大きな魅力です。

また、一枚の革を糸留めしただけの禁欲的な構造でありながら見た目以上の収納能力を備え、20枚程度は難なく収めてしまいます。

すべての名刺入れは近江さんがそのときの気分、感覚で染め上げるため、似た系統はあっても同じ表情のものは存在しません。

皴や細かい傷など革の自然な風合いをそのまま残して用いられていることもあり、どれもこれもが独自の顔つき、まさしく一期一会です。

本当であれば店頭でひとつひとつ吟味してお選びいただきたいところですが、さすがにそうも言っていられませんので、全部ではないもののオンラインストアでもご購入可能となっています。

気の沈みがちな世だからこそ、心ときめく一品を。

オンラインストアはこちらです


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です