モンパルナスのともしび ~ niuhans/ French Worker Serge Atelier Jacket

朝晩はともかく日中は真夏さながらの暑さが続いていましたが、今日はそれもちょっと落ち着きました。
秋物衣料を探すには、とても好い気候です。

9月もいつの間にやら中旬、こんな上着の出番も、もう間近では。

フランスのワークジャケットを再構築したアトリエジャケット。
この一見したところ何がどうアレンジされているのか判らない、その抑制が実にniuhansです。

やわらかく、ほどよい厚みをもったコットンサージを使用し、一枚仕立てにされています。

ユーロワーク古着がお好きな方なら説明も不要でしょうが、元ネタとなったジャケットに用いられている生地は硬く、直線的に裁断されています。
あくまで働き着ですから、着心地やシルエットは二の次です。

しかしこれもまたniuhansのフィルターを通すと、ぱっと見の印象はそのままに、柔和なシルエット(特に肩のあたりの流麗な線は絶品です)、心地好い着用感と、まったくの別物へと変えてしまいます。

ボタンは椰子の実の殻を削り出したもの。
経年変化が楽しめそうです。

こんな無骨な肘当てですら品よく見せてしまう、そんなniuhansの密やかなデザインワークには、まったく驚かされます。

niuhansのフレンチワークジャケットはここ数シーズン素材などを変えながら展開を続けていますが、毎回店頭での反応が頗る好く、あっという間に完売してしまいます。
今季もすでに入荷分の半数が巣立っていますので、時間の問題でしょう。

気になる方は、どうぞお早めに。

オンラインストアはこちらです→ ベージュ/ カーキ


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です