君に逢う日は不思議なくらい雨が多くて ~ Blundstone/ #1456

きのうは展示会巡りをして参りました。
幸い限られたエリア内を巡廻するだけでしたが、それでも傘が決壊して雨漏りを始めたほどの大雨には辟易しました。
まだ東日本各地では続々と被害が出ているようで、今もなお予断を許さぬ状況ではあります。

さて雨の中でそれなりの距離を歩く、ということできのうの足元の相棒にはブランドストーン#550を履いていきました。
さすがにずっと水たまりの中を歩いていたような状態でしたので帰宅時にはじっとりと中に浸みてしまったとはいえ(おそらく濡れたパンツの裾から靴下に雨が浸みこんだ影響も大きいと思われます)、あれだけの過酷な環境下で夕方ごろまでは完全に足を守り続けたその実力を改めて知った日でもありました。

そんなブランドストーンに、また新たな仲間”#1456″が加わっています。
#550、#558とオイルドレザーが続きましたが、今回はサンドカラーのスウェードです。
2015-09-10 12.52.41

一見するとそれだけの違いのようですが、実は他のモデルにない機能を備えています。

過去2品番のライニングは本革でした。
これが定番モデル#500との大きな差異でもあったのですが、#1456ではファブリックが使用されています。
この生地、なんと消臭機能を備えているハイテク素材です。
質感もソフトで、快適な使用感となりました。
2015-09-10 12.47.16

ちなみにアッパーに使用されているスウェード、一般的には水に弱いと考えられがちですが、実は水濡れによるひび割れが起きにくい素材です。
第二次世界大戦時、米軍がコンバットブーツとして採用していた表革タイプのM-42から途中でスウェードタイプのM-43に切り替えているという事実も、その素材の環境への強さを示しています(余談ですが、M-43ではスウェードにパラフィン加工を施し、より耐水性を高めていました)。

横浜はようやく明日から天候が回復するようですが変わりやすいは男心に秋の空、それにお上の御政治と申します。
いつまた天気が崩れるかも知れぬこの頃、こんなブーツがあれば多少の気候の変化など泰然自若として応じられることでしょう。

オンラインストアはこちら→ #1456


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です