ラシドの歌 ~ LUNGE/ a-Moll

スニーカーとしてはなかなかの価格であるにも拘らず、
LUNGE(ルンゲ)のシューズがご好評いただいております。

なかでも想定以上に女性からの反応が好く、
「レディースはないの?」と訊ねられることもしばしば。

そこで登場したるは2種類の女性用LUNGE、
内ひとつがランニングシューズ”C-Dur”(当店未展開)の女性版、”a-Moll”です。
2016-02-19 13.58.28
ちなみに前者はCメジャー、後者はAマイナーのドイツ語表記となります。

店主は音楽理論はサッパリなのですが、
Cメジャー(ドレミファソラシ)とAマイナー(ラシドレミファソ)は
構成音が同じなので、きっとそこが由来なのでしょう。

あ、今更気づきましたが前回入荷した“Adagio“は「くつろぎ」というよりも
音楽のアダージョ、「ゆっくりした楽曲」から名付けられたのかも知れないですね。
ランニング用でなくてウォーキングシューズですし。

さてそんなAマイナーもといa-Moll、
どこかうら寂しいフォーキーな名でありながら
それを覆すように徹底してスパルタンな本格派です。

まずAdagio同様、この靴もミッドソールの素材に大きな特徴があります。

一般的なスポーツシューズのミッドソールには
約20%のEVA(エチレン・酢酸ビニル共重合樹脂)が含まれているそうですが、
LUNGEのシューズに使用されているのは
そのEVAの含有量を4倍にすることによって高い衝撃吸収性と耐久性を備えた素材で、
これが高額になってしまう理由の一つとなっています。

ポリウレタン主体のミッドソールを使用しているKARHUのアリアと並べると
その違いがよく判るのではないでしょうか。
向かって右がLUNGEで、このスポンジっぽい質感がEVAの特徴です。
2016-02-19 16.10.00

そのタフさを表す例として、2000km走った後でも
クッション性能が劣化しないほど強靭であると謳われているほど。
フルマラソン47回分ですよ…

この素材を部位によって硬さを変えて配分し、クッション性だけでなく
安定性、反発性も確保し、より走行に最適化されました。
2016-02-19 13.48.55
たとえば踵積層箇所のグレーの部分は特に柔らかく、ここで衝撃を和らげます。
一方で土踏まずの辺りは硬めの素材に切り替えて安定性を高め、走行時のブレを防ぐわけです。

アウトソールもシンプルですがしっかりとグリップの効く仕様です。
溝部分が大きすぎず、泥や異物が詰まりにくくなっています。
2016-02-19 13.57.02

アッパーはスウェード調のマイクロファイバーとメッシュのコンビ使いで、
軽量化を図りながらもしっかりと強度を確保しました。
2016-02-19 13.48.20
ちなみに、画像では判りづらいのですがメッシュの下にところどころ
リフレクターが仕込まれています。

Adagio同様ラテックス一体成型の肉厚なインソールは
より柔らかな履き心地を生み出す名脇役です。
この美味しそうなモッチリ感!
2016-02-19 13.48.04

上記の如く生粋のハイテク指向靴でありながら
どこか落ち着いた風貌は色使いの為せる業なのか、
或いはスポーツシューズ特有のサイドラインがない所為なのか。
2016-02-19 13.56.38

本格的なランニングでの使用は勿論のこと、
大人の街での装いにも程よいスポーツのエッセンスを加え、
実際に至極の快適も提供してくれる、そんな特上の一足です。

今まで女性にはお伝えしきれなかったこの圧倒的クオリティ、
是非店頭にてお試しください。

オンラインストアはこちらです→ a-Moll


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です