ふしぎなポッケで かなえてくれる ~ BACH/ COMMUTER

BACHといえばブランドの正式名称(BACH BACKPACKS)にもあるように
バックパックのイメージが強いのですが、
今回ご紹介する新作はトートバッグです。
2016-08-15 12.34.002016-08-15 12.35.55
2016-08-15 12.22.292016-08-15 12.24.15

COMMUTERと名付けられたこの32リットル容量の大型トートは
オートキャンプを想定してデザインされてはいるものの、
そんな特定の用途に収まらず、やはりBACHだなと感じさせる収納性、
使いやすさを兼ね備えた秀作に仕上がっています。

一般的にトートバッグの最大の長所のひとつが
大きなものをガサっと入れて持ち運べる簡易性です。
ところが逆にそのざっくりした構造が短所として作用し、
細かいものが鞄内部でバラバラになってしまうことも性質として挙げられます。

その長所を生かしつつ短所を超克するため、
COMMUTERには多くの外部ポケットが設けられました。

まず目を引くのが両サイドのメッシュポケット、
左右で深さが異なり、幅広い用途に使えます。
2016-08-15 11.57.422016-08-15 11.57.47

飲み物やWESTERLYの傘などを入れるのがよさそうです。
2016-08-15 12.51.06

フロントのフックを外せば、
2016-08-15 12.02.17
隠された細かなポケットたちが一斉に
俺を使ってくれ、俺も俺もとワイワイ名乗りを上げます。
2016-08-15 12.02.322016-08-15 12.03.06

そんな小さなポケットたちを覆う部分にも
さらに2か所のジップポケットが設けられています。
2016-08-15 11.57.32

圧倒的な選択肢の幅です。
財布や鍵、スマホなどまで余裕でそれぞれの持ち場に収まる
トートは意外と珍しいのではないでしょうか。

トップはファスナー開閉式で、トートバッグの不安点のひとつである
盗難や荷物の落下等に対しての安全性が高められました。
2016-08-15 12.34.48

内部は逆に一切のポケットのない大ぶりな構造になっていて
大きなものでもザクザク放り込めるトートらしい気軽さは保たれています。
2016-08-15 12.52.24

もうじゅうぶんに魅力的ですが、まだ終わりません。

今までご紹介してこなかった背面部を見てみれば、
ご覧のようにリュックとして使えるよう2本のストラップが通されています。
2016-08-15 12.20.25

勿論このストラップは長さの調節可能です。
2016-08-15 12.34.20

また、ストラップを引くことで上部がすぼまる
ナップザックのような構造となっています。
ユニークなデザインですね。
2016-08-15 12.06.222016-08-15 12.05.58

このように初見の印象を超える多機能を備えた、
実にBACHらしいバッグとなりました。

黒、コール(グレー)、フォレストグリーン、レッドの4色をご用意しています。
お値段も非常にリーズナブルな設定です。是非ご検討ください。

オンラインストアはこちらです→ ブラック/ コール/ フォレストグリーン/ レッド


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です