むばたまの 夜の衣をかへしてぞ着る ~ comm. arch./ Tweedy Hoodie

前回初お披露目のcomm. arch.(コムアーチ)、ごくベーシックなモデルをご紹介致しましたが、勿論ニット専門ブランドとしてそれだけでは終わりません。

Tweedy Hoodieと名付けられたこのフロントジップパーカは、見れば見るほどアイディアの詰まった逸品です。

そもそもぱっと見は編み物とは思えないこのツイーディーな素材感ですが、もとはメリノウールを極限まで度を詰めて編み込んだニット生地でして、これをさらにお湯で洗いこみぎゅっと圧縮することで生まれています。

編み目の細かさを変えて2パターンの生地を作成し、それをパーツとして組み合わせることで何ともチャーミングな顔つきが生まれました。

ファスナーはヴィンテージ感溢れるWALDES製。
1930~40年代の製法で作られ、敢えてメッキを施さず経年で金属の質感が変化していくという特徴を備えています。
なお、このパーカのフロントのダブルジップはcomm. arch.の特注品です。

そんな語りどころの多いパーカですが、肝心の着心地はと言いますと、もとがニットなだけに想像以上の伸びやかさに驚かされます。
しっかり伸びてしっかり戻る、柔軟な剛性感が魅力です。

前述の通りしっかり目が詰まっていますので、一枚でもそこそこの防風性も備え、今の時期のアウターとしては最適ではないでしょうか。

そして一枚仕立てゆえ必要以上の厚さがないため、真冬は上に外套を羽織ることも容易なのがうれしいところ。
何だかんだで春先までずっと活躍することでしょう。

店頭でも早速ご好評いただいており、実は現時点で在庫がサイズ3一枚のみです。
気になる方は是非お早めにどうぞ。

オンラインストアはこちらです→ Tweedy Hoodie


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です