夢じゃない あれもこれも ~ K.ITO/ ウルトラヘビーウェイトスウェットカーディガン

8月も終盤、まだまだ暑いとはいえ、それでもたしかに季節は変わろうとしています。

羽織ものをお探しの方もだんだんと増えてきました。

この秋もすでにK.ITOの定番であるウール天竺のカーディガンや

同じくウール天竺のプルオーバーが届いており、来たる季節に向けてご検討されているお客さまも少なくない様子。

これらの魅力は今年も変わることなく、われわれを大いに愉しませてくれることは間違いありませんが、一緒に現れたこちらの新星も無視するわけにはいきません。

先述の定番モデルをベースに、超重量級のスウェット素材で仕立てたカーディガンです。

圧倒的な、もっちり、どっしりとしたこの肉感。

裏毛の迫力も尋常ではありません。

硬そうですが、バイオ加工を施すことにより、雰囲気を壊すことなく柔らかな質感が加わりました。
袖を通していただければ、その快適な着心地に驚かれるはずです。

その着心地は生地のみで実現したものではなく、裁断パターンもK.ITOならではの技術が光ります。
ここまでのボリュームにして、この腕や肩の動かしやすさ。

裏面の両脇部分には内ポケットが設けられました。

カーディガンではありますが、秋の上着としてもじゅうぶん対応できてしまうはずです。

ハンガー掛けの画像ではたいへん伝わりづらいのですが、着用時の円みを帯びたシルエットがまことに美しく、これもまた大きな魅力となっています。

「スウェット素材のカーディガン」枠に収まらぬこの服の力、是非今のうちにお試しを。

オンラインストアはこちらです→
ウルトラヘビーウェイトスウェットカーディガン ブラック
ウール天竺カーディガン ライトグレー/ トップグレー/ ブラック/ ネイビー
ウール天竺プルオーバー ライトグレー/ トップグレー/ ブラック/ ネイビー


大袈裟だけど 受け取って  ~ niuhans/ Ramie Linen Wool Oversized Shirt

先日ご紹介したネルシャツとともに、実はもう一型が、漸う近づく秋の訪れを告げる便りとしてniuhansより届いていました。

ネルシャツらしくないネルシャツに対して、こちらの方がだいぶネルシャツ然としていますが、どっこいこちらはネルシャツに非ず。

とはいっても、何と呼んだらよいのか今一つはっきりしませんが。

ラミー、リネン、ウールを混紡し、ざっくりと粗めに左綾に織った生地で、ご覧の通り、粗野、素朴な風合いを特徴とします。
しかしながら、身に纏えば、乾いていてもチクチクしない滑らかな肌触り、とろんとした生地の落ち具合、随所随所に隠しきれず現れてくる素材そのものの上質さをご理解いただけることでしょう。

“Oversized”と謳ってはいるものの、そこはniuhans。
決して今どきのたっぷりとしたオーバーサイズではなく、確かにいつもよりはやや大きいかな、程度です。

ゆえに、初秋から真冬にかけて、ちょっとした羽織ものとしても、シャツとしても、幅広く活躍してくれます。

地味ながらいい仕事、今季も変わらずniuhansはniuhansですね。

オンラインストアはこちらです


泣こかい 飛ぼかい 泣こよか ひっ飛べ ~ tilt The authentics/ Wool Linen Chambray Twill Flight Jacket

たいへん有難いことに、このコロナ禍のさなかで予想を遥かに上回るスピードで秋物新作が巣立ち続けています。

ただでさえ毎シーズン人気のtilt The authenticsのパンツはさらに勢いを増し、現時点(8/25)で早くも1本を残すのみとなりました。

そしてまだすぐには着られない時期なのに、オンラインストアで多くのアクセスを叩き出しているのが、このブルゾンです。

美麗な撫で肩シルエット、細くもなくオーバーサイズでもない中庸なサイズ感、そして身に纏ったときの驚きの軽さ、tiltの上着にはこうした独特の特徴が備わっています。
控えめで力強い独自性へのお客様からの評価は頗る高く、すでに店頭まで様子を見に来られている方もちらほらといらっしゃるほど。

もちろんこのブルゾンはその大きな期待にしっかりと応え、いやそれ以上の感動を与えてくれます。

生地はtiltオリジナルのツイルシャンブレー。

経糸に黒いウールを、緯糸に茶色いリネンを用いて織られました。
遠目には温かみのある黒に見えますが、陽光などに照らされると、仄かな明るさが浮かび上がります。

この素敵な生地は今回の生産を以て使い切ってしまい、さらに二度と同じものは作らないとのこと。
そうした意味でもたいへん貴重なものとなりました。

裏地は敢えてつけず一枚仕立てに。
ここで裏の始末の丁寧さが光ります。
なお、このブルゾンはtiltのデザイナーである中津さんの故郷に一軒のみ残存する老舗の縫製工場さんで仕立てられているそうです。

袖付けはラグラン。
もちろんパターン作りに定評あるtiltのこと、単にラグランスリーブにしただけのものと異なる次元であるのは、袖を通せば体が理解するはずです。

その袖口はテーラードジャケットよろしく本切羽。
このアレンジで服の表情がぐっとドレッシーになります。

ポケットの玉縁は広めに。
ここで意図的にバランスを崩す、その絶妙な匙加減がtiltの服をただシンプルでベーシックで良質な服という枠に収まらぬものへ引き上げています。

ファスナーはYKKエクセラ。
たとえばスイスのririなど欧州のメーカーほど小洒落てはいませんが、素材の品質の高さがもたらす奥行き、引きの滑らかさと剛性、そうした本質を徹底的に突き詰めた超一級品です。

どこをとっても丁寧な仕事に唸らされるこの素晴らしいブルゾン、秋口から初冬まで、ただ羽織るだけで装いをまとめあげてしまうほどの力に満ちています。

荒れ狂っていた猛暑もいったん落ち着いて、夜風などたしかに秋の匂いが濃くなってきました。
まだ在庫の揃う今のうちに、どうぞ一度ご検討ください。

オンラインストアはこちらです


紅蓮の騎士 ~ HAVERSACK/ グレンチェックワークパンツ

無事エアコンが復活し、涼しく快適な店内環境が戻ってまいりました。

これで一層秋物新作のご紹介も捗るというものです。

今季も届いていますよ、ハバーサックのパンツ。

濃厚な洒落者の芳香、それでいて驚くほど快適な穿き心地に、男女問わず中毒者が続出、今や当店では決して欠かせぬ存在となりました。

その魅力は、当然このワークパンツでもご堪能いただけます。

用いられている生地は、ハバーサックオリジナルのコットンウール素材。
茶色と黒の細やかなグレンチェックが、とても上品な印象を与えます。

しっかりとプリーツの入った深い股上、ウェストバンドにつくボタンは2段となっています。
裏の縫製も綺麗ですね。

ボタンは、やや淡い色調のナットボタンが採用されました。

ワークパンツならではのリラックスした着用感に、上質な素材や色気のあるデザインが加わり、大人の着用に堪え得る一本へと仕上がっています。
そして、なぜかうっすらと漂う退廃的な美しさに、心ときめきます。

クラシカルな装いを愉しむも佳し、あるいは思いきってTシャツやフーディーと合わせるも佳し。
日に日に近づく秋に臨み、実に頼りになりそうな懐の深いパンツです。

オンラインストアはこちらです


営業時間変更のお知らせ

この猛暑のなか、どうも当店のエアコンの調子がイマイチよろしくありません。

そこで業者さんにお願いし、見ていただくことになりました。

そのため、明日8/23(日)の営業時間が下記の通り変更となります。

12:00-20:00 → 14:00-20:00

ご不便をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い致します。


季節はめぐり秋になれば ネルのシャツだけ ~ niuhans/ Indigo Dye Cotton Flannel Fly-front BD Shirt

座談会でご一緒した山田さんのブログのとある記事が、先日巷で話題になっていました。

なぜ「ダサい服」が売られ続けるのか? – 山田耕史のファッションブログ

座右の銘が我田引水である当店店主としましては、この興味深い記事に便乗しない手はありません。
当店ツイッターにて、好き勝手に「ダサい服」とは何かを考察してみました。

これが意外なほど反応がありまして、果ては山田さんの新たな記事で全面的にフィーチュアされてしまうことに。

「ダサい服」の判定基準を考える。 – 山田耕史のファッションブログ

恐悦至極です。

さて、ダサい服といえば、少し前はネルシャツがよく槍玉に挙げられたものでした。
ダサいも何も、そもそもお洒落かどうかを議論するようなタイプの服ではないのですが、一時期のネルシャツおよびその着用者への不当なバッシングは、目に余るほど。

先述のブログにあるように今は「ダサい服」トレンドも変わり、あまり酷くは言われなくなったものの、それでも往時の如く復権とまではいかないようです。

そんななかniuhansから届いたこの新作、インディゴ染めのフランネルシャツの美しさ。
ネルシャツの認識を改めざるを得ないのではないでしょうか。

「インディゴ染めの」「ネルシャツ」という字面、実にラギッドですね。

それでいながら粗野さなどひとかけらも見当たらない、奥行きのある色調、きめ細やかでしっとりとした風合いに、ホホ笑みがこぼれます。

ロールを描かない小振りのボタンダウンカラーに、比翼の前立て。
生地の上質さを引き立てる、清潔感に溢れたディテールの組み合わせです。

背面は2枚の生地を斜めにあてて中心で接合されたスプリットヨーク。

すっきりしたコンパクトなサイズ感や、光沢を抑えた貝ボタンの品位。
繰り返しますが、これネルシャツです。

なんだかんだ言っても、あと少しして肌寒くなってくれば、こうした起毛素材の温もりは素直にうれしいもの。
そんなコットンフランネルの魅力に自然と向き合える一着として、この秋強くお薦めしたい逸品です。

オンラインストアはこちらです→ ダークインディゴ/ ライトインディゴ


ここはグリーン・ウッド ~ Handwerker ASEEDONCLOUD/ HW wood worker’s blouson

毎シーズンご好評いただいている、Handwerkerの特定職ワークウェアシリーズ。

2018AW/ おほけなく うき世の民に おほふかな わが立つ杣に 墨染の袖(活版印刷)
2019SS/ 編集王(雑誌編集)
2019AW/ いざ 進めや キッチン(料理研究)
(2020SSに関してはご紹介前に完売してしまいました)

この秋冬は、木工作家さん用のブルゾンです。

今回ヒアリング対象となったのは、吉川和人氏

割れや節といった瑕疵とされがちな要素を、木のもつ官能的な美しさとして活かし、素敵な家具や小物を製作されている方です。

氏から実際に木工作業を行うにあたり具体的な要望を汲み取り、Handwerkerならではのフィルターを通してデザインされています。

大前提として要求されたのが、動きやすさ。
木を削る時には前傾姿勢で手を動かしますし、またさまざまな作業で腕の動きはとても重要です。

あらゆる作業に於いて腕や背中がつっぱらないよう、スプリットラグラン(前面がセットイン、背面がラグラン)の袖は大きく前に振られ、腰にはプリーツが入れられています。

また、首元や袖口から木屑が入るストレスを軽減すべく、首周りはスタンドカラーにして首に沿わせ、

袖口には2つのボタンを配置、しっかりと手首にフィットします。

とくに手首はゆとりがあると旋盤作業で擦り切れてしまうため、このフィット感が重要だそうです。

これで安心ですね。

氏が作業中よく使う15cm定規と鉛筆は胸ポケットに。

メインとなる定規ポケットと鉛筆ポケットに重なってさらに鉛筆用ポケットが2つ並び、開口部が斜めにカットされています。
これは、鉛筆が長いときだけでなく短くなったときも出し入れしやすくするため。

フラップにスナップボタンのついた両脇の大ぶりなポケットには、ノギスや直角定規を収めることができます。

このカーキとネイビーには、コーデュラナイロンを混ぜて高密度に織られたツイル生地が採用されました。
耐久性に優れ、薄く、軽く、さらりとした乾いた質感を備えています。

一方、作業着というより秋冬向けのブルゾンとして見た場合とても魅力的なのがコーデュロイ版。

パイルが抜けやすいというコーデュロイの構造的な問題を解決すべく、最初に緩めに織り、染色の工程で生地を詰め、さらに乾燥させています。
これによりパイルの抜けが軽減するだけでなく、柔らかくふっくらとした風合いも生まれました。

コーデュラツイル、コーデュロイ、どちらも甲乙つけ難く、悩ましいですね。

来週あたりから少しずつ猛暑も陰りを見せるようで、こうした羽織ものをご覧になる方は増えるはず。
有難いことに今季は秋物の動き出しが例年より早いため、涼しくなる前に色やサイズが欠けてしまうかも知れません。

是非今のうちにご検討ください。

オンラインストアはこちらです→
コーデュラツイル ネイビー/ カーキ
コーデュロイ グレー


忘れないで 見つめることを ~ KIMURA/ crew neck cardigan shirt with line

KIMURAの代表作として愛され続けているシャツカーデイガンに、新作が登場しました。

とはいえ、今回は既存モデルのいわば兄弟分です。

ベースとなったのは、オーダー会でも人気のクルーネック版

基本構造はそのままに、ニットらしさをより強調(そもそもこのシリーズ自体がニットの構造をシャツで再現できないかというところからスタートしています)、その手段として黒と上品な対比を生むゴールドベージュのラインが入れられました。

当然ニットとは違い、生地の段階でラインを入れることはできません(できたとしても、かなりの生地代となってしまうことでしょう)し、都合よく2色使いとなっているパイピング用の素材もそうはありますまい。

そこで、パイピングに用いられているエラスティック素材を二重に使用し、この問題を解決しました。

こうしたアイディアもさることながら、たとえば襟元のパイピング部分のみボタンのつけ糸に高さを持たせて、他の箇所より厚みのあるパイピング部分でも開閉しやすくなるような、表には出てこない細やかな気遣いもまたKIMURAです。

KIMURAのラインナップのなかでも汎用性の高さに定評のあるクルーネックカーディガン。
その魅力を是非ご堪能ください。

オンラインストアはこちらです


チルチル・ミチル ~ tilt The authentics/ Out Tuck Chino Trousers & In Tuck Cotton Serge Trousers

控えめながらしっかりとした芯のある服を、ひたむきに提案し続けているtilt The authentics。

シャツやアウターなどでもその技巧は冴えわたりますが、やはりこのブランドの顔として多くの方に認識されているのはパンツです。

シーズンを重ねるごとにファンを増やし、今や当店に於けるすっきりした細めのテーパードパンツの代名詞的存在としてお馴染みとなりました。

このブランドがデビューした2018AWからずっとお付き合いさせていただいていて(最初の展示会に伺ったのも当店が一番乗りだっとか)、そのパンツの変化、進化、深化をずっと当事者として見続けています。

今季は2型が入荷、ではさっそくご覧ください。

定番の最新型、肉厚なチノクロスを用いたこちらと

コットンサージのこちら。

基本的な形はほぼ同じですが、素材だけでなく、仕様も若干異なります。

まずチノクロスの方は、外向きの1プリーツ(タック)。

ヒップポケットのボタンはループ留めとなっています。

今季からは腰の裏にコットンのマーベルトが設けられ、フィット感が増しました。
シャツをパンツに入れて着用する際に、裾が出にくくなるというメリットもあります。

フロントのファスナーはYKKの最上級ライン、エクセラです。

なお、このパンツに用いられているチノクロスは、一般的な左綾ではなく、右綾で織られています。
ウェストポイントと呼ばれる生地と、ほぼ同様のものかと思います。
名称が何であれ、密度が高く、ふっくらして、そしてしなやかな、素晴らしく質の高い生地です。

さてもう一方、デザイン上の大きな(でもないか…)違いとしては、腰のプリーツが内向きであること。

両脇ポケットの口もこちらは両玉縁となっています。

こちらの生地は硫化染めが施されたコットンサージで、先述のチノクロスにくらべさらりと乾いた肌触りです。

穿きこむことで、色、風合いの変化を楽しめます。

マーベルトはチノ版と同様に。

先述の通り、形状はほぼ同じですので、生地や細部の仕様の好みでお選びください。

着用時の流麗な印象と快適な穿き心地の見事なギャップに驚かれる方が多く、リピーター様も増える一方のパンツです。

このブログ執筆時の段階で、すでに両モデル全色ともサイズ1は完売、残りも時間の問題でしょう。

どちらもそれほど極端に肉厚ではないため、晩夏あたりから活躍しそうです。
ご検討中の方は、どうぞお早めに。

オンラインストアはこちら→
Out Tuck Chino Trousers キャメルベージュ/ ダークネイビー
In Tuck Cotton Serge Trousers ダークブラウン


それもきっとしあわせ ~ K.ITO/ 圧縮ウールスムースフーディー

強烈な猛暑が続いているなか、それでも、否ならばこそか、秋を念頭に置いた服を手に取る方が増えてきました。

まだ暑いし、紹介するには早いかな…と躊躇していたK.ITOの秋冬の新作に至っては、想定しなかった速度で続々と店頭から巣立ち始めていますので、ネタの尽きるその前に(実際、店頭に出した瞬間にほかのどなたの目にも触れぬまま完売してしまった品番もあります)、まずはこの素晴らしいフーディーを披露致します。

用いられている生地はスウェットと思わせて、ウールの圧縮スムース。

さらりとして、且つなめらかな質感が魅力的です。

青みが買った灰色もまた上品。

この素材使いにより、フーディー特有のスポーティーな要素が大幅に削ぎ落されました。

デザインの細かさもさすがのK.ITO。

フードの重なりがだいぶ深く、首元に何か巻いたような色気が生まれます。

袖付けは、前面セットイン、背面ラグランのスプリットラグラン。

脇の裁断で腕の可動域を広げるK.ITOお得意のパターンワークは、ここでも味わえます。

上記の完成度ゆえ、このフーディーもご多分に漏れず、現時点でサイズ3(L相当)を一着残すのみ。

夏が落ち着くのを待っていては、間に合わなくなるかも知れませんよ。

オンラインストアはこちらです