守ってあげたい ~ BACH/ SHIELD22 & 35

店主個人的には、プロダクトとしてのバックパックの黄金期は’90年代であると考えています。
特にかつてのDANA DESIGNやOSPREY、Overland等の美しさたるや、今なお色褪せぬどころかより強く輝いているように思えて仕方ありません。

そんな往時の名品と同じ匂いのする現行品が、ようやく入荷してきました。
アイルランドのブランド、BACH(バッハ)です。

BACH自体はより登山向けのハイスペックなモデルも生産している会社なのですが、そこまでの性能は仲町台での生活には不要と考え、日々の中で愛用できそうなモデルを中心に揃えました。

郷愁を誘うコーデュラナイロンのごわついた素材感、(ここがまさに往時を思い出すのですが)大ぶりのファスナー使い、シンプル且つあくまで機能に基づいたデザイン…ありそうで探すとなかなか見つからない匙加減です。

複数型が入ってきていますが、今回はその中から「SHIELD」をご紹介します。
2016-11-17-13-16-00

このモデルの特徴は、盾の名の如く独自の形状をした収納構造にあります。
通常のバックパックと同じく上からの収納がメインとなりますが、別気室が下から使用可能で、雨具等他の荷物と一緒にしたくないものなどを効率的に分けることができ、さらに内仕切りをファスナーで開けることで1気室にすることも可能です。

2016-11-17-13-04-18

なお、BACH他モデルとの共通事項ですが、最下部にレインカバーが入っており、大雨の時に重宝します。
2016-11-17-13-16-17

背面のメッシュ構造や人間工学的ショルダーベルトは最新型の仕様ですので、背負い心地も頗る良好です。
2016-11-17-13-00-52

日常使いに便利な22リットル(黒とスティールブルー)、

10986901_1076951548986856_5907603764927040173_n

日帰り登山にも対応可能な35リットル(葡萄色)を用意しました。

10929907_1076951398986871_8006392832683556985_n

このSHIELDに限らず、ギミックが楽しいバッグブランドですので、是非店頭にて色々とお試しいただければと思います。

オンラインストアはこちら→ SHIELD22/ SHIELD35

保存

保存


Suits me very fine ~ EEL/ カーディガンズ

まさかのカーディガン連投となりました。
今度はEELから「カーディガンズ」の登場となります。

DSC08114 DSC08115

当店、ニットに関しては基本knitchy推しですが、EELのニットもまた高い完成度を誇ります。

滑らかな肌触り、経年変化が楽しみな革ボタンなど着目すべき点は多々ありますが、なんといってもこの発色、鮮烈且つ清廉の極みです(過去Qシャツに対して も似た表現をしていますが、本当にEELは色が特徴的です!)。形状に癖がないだけに、こうした素の良しあしは如実に表れます。

聞けばこのニット、生産はEELのデザイナー自身が生まれ育った新潟の町で行われているとか。

「やっぱり日本製は高品質!」「国産を応援しよう!」と浅い発言をするつもりはありませんが、この表現力、技術力にはムムと納得せざるを得ません。そして産地の維持には魅力的な商品企画と価値を毀損しない販売提案が欠かせないことも改めて考えさせられます。

ちなみにですが、店主はThe Cardigansでは1stの「emmerdale」が一番好みです(次点は2nd)。まったくもってどうでもいい話ですが、世代的に反応せずにはいられませんでした…

オンラインストアはこちら→ イエロー/ ブルー


横縞な企み ~ knitchy/ ホールガーメントストライプシリーズ

なんとも芸の細かいニットたちがknitchyより入ってきました。

2015-04-13 10.51.15 2015-04-07 12.14.39

ぱっと見はただストライプ柄であることしか認識されないかと思われますが、細部を確認すると発見の連続に眩暈がしそうです。

まず最初に気づくのは身頃と袖の関係でしょうか。
2015-04-13 10.51.20

ただ着る分には身頃が縦縞、袖が横縞のようですが、広げてみると身頃と袖が一体化しており、柄がそのまま続いていることがお分かりになると思われます。

さらによく見ると、編みの方向が横向きです。
通常ニットは横方向に伸縮するよう編まれ、仕立られていますが、これは90度寝かせられています。つまり、生地だけを見ればボーダー柄というわけです。
ということは、身頃から袖が延長しているというよりも、袖が拡がってそのまま身頃になっている構造だとも言えそうですね。

knitchy全般に云えることですが、デザインを技術で表現するというよりも、技術をデザインで表現している感さえ受けます。
それがモードの域まで昇華されるのではなく、日常生活の中で気軽に着られるものに落とし込まれているというのは、却って贅沢なことではないでしょうか。

縞のピッチやディテールは異なりますが、同じシリーズでカーディガンと7分袖のプルオーバーが揃っています。
店頭にて、広げて、よく見て、そして着てその細緻さをお確かめください。

オンラインストアはこちら→ プルオーバー ホワイト/ インデイゴ カーディガン グレー/ ホワイト/ インデイゴ


BORN IN THE USA ~ SERO/ オックスフォードBDシャツ

店主が10代のころまでは、それこそ町のジーパン屋さん等でアメリカ製の服や靴が中学生でも気軽に買えたものでした。
アメリカ製品が憧れでなく、日常だった時代です。

いつしかその当たり前が当たり前でなくなり、靴流通センターで3000円で売られていたコンバースが今や東京のヴィンテージショップで2万円出さないと手に入れられないような時代となってしまいました。

本来アメリカ製衣料は大量生産品が基本であり、ナポリの手縫いシャツのような工芸品ではありません。気軽に使えて然るべきです。
日常的にガシガシ使う、それができる耐久性があり、その結果が一番美しくなる、そういうものだと考えています。

SEROのボタンダウンシャツは、まさにそんな付き合い方のできるMADE IN USAです。

2015-04-07 12.03.31

やや小さめの襟、ホームベース型の胸ポケット、背中のロッカーループや日本人向けのサイズ感などと特徴もないわけではありませんが、きわめて普通なシャツです。寧ろその普通さが最大の特徴といえるかも知れません。

ところでアイビー系ブランドに詳しい方は、少し前のくだりで「あれ?」と思ったかもしれません。「SEROって、数年前に復活してからカナダ製じゃん」と。
実はSEROは今季から工場が変わり、アメリカ生産になりました。そのため少し価格は上がってしまったのですが、それでも某Iシャツに比べればずっと安価です。

復活当初から比べれば遙かに生地の品質も縫製レベルも上がっており、進化を止めないブランドと言えますが、ざっくりした日常感はそのまま。難しいことを考える必要はありません。

まだオックスフォード地しか届いていませんが、これから春らしいチェックやストライプの入荷を予定しています。
「普通」をお探しの方に、是非お勧めしたいシャツです。

オンラインストアはこちら→ ホワイト


オレゴンから愛 ~ TANNER GOODS

革製品の中でもベルトは革の長さが必要とされるため、割高になりがちです。ラグジュアリーブランドのレザーベルトが尋常でない価格なのは、ただでさえ上等な革で傷や血管痕等を避けつつも長さを確保しなくてはならず、生産上ロスが大きいという理由もあります。

適正価格でありながら大人がカジュアルで使える普通のベルト、この条件で上質なものは意外となかなか見つからないものです。

それでもイングランド製やスコットランド製などを筆頭に、そうした要求に応えられる名品はちらほら見られます。いずれも頑強な一枚革を使用し、素材の多少の傷などは前提として問題にせず、使い込んだ後の革や金具の表情が渋みのあるいい顔になっていくものです。
前置きが冗長になりましたが、本日アメリカはオレゴン州から、そんな味わい方のできる素敵な良品が届きました。

1937477_1069853709696640_5780222588688082918_n 1497710_1069853733029971_7055698693765096709_n

ポートランドの若き職人集団が手掛けるTANNER GOODSは、厳選された素材をデザインに応じて適正に使用し、つくりそのものは質実剛健そのもの。それでもどこかとぼけたような柔和な表情があり、堅苦しさがないのが特徴です。
かといってアメリカの革製品でありがちな度の過ぎた粗野さはなく、寧ろある種のモード感すら漂うほど都会的なデザインとなっています。

決してラグジュアリーではありませんが、使えば使うほど深みを増す素材を使っているため、新品の状態では5割程度の完成度とお考えください。1~2年使い続けてからが本番です。

なお、金具も革同様味の出るものがあしらわれていますが、モデルによっては金具の交換も可能ですので、長い経過の中では気分でここを変えてみても面白いかも知れません。

11021192_1069853759696635_2596757923955447125_n

当店では女性用の極細幅モデルと男性用の細幅モデルをご用意しました。元革モノ屋の店主が選んだ品です。是非店頭にてその佳さをご確認ください。


ほんの半ヒネリ ~ EEL/ Fancy Shirts

今季の展示会で特に個人的に気になっていたシャツが入荷しました。

2015-04-09 18.51.48 2015-04-09 18.49.48

Fancy Shirtsと名付けられたこのモデルは、少し離れると何の変哲もないプレーンなシャツにしか見えませんが、身頃とほかの部分のパーツの生地が異なり(ホ ワイトはドビーストライプ、サックスブルーはヘリンボーンです)、またボタンもくるみボタンになっています。

2015-04-09 18.50.17

デザインシャツというにはプレーンでありながらもベーシックなシャツですとも言い切れない、この匙加減が実にEEL的です。

同じEELでも以前ご紹介した陶器釦などに比べると地味な存在ですが、そのデザインの抑制具合がかえってこのシャツの特異性ではないかと思います。

オンラインストアはこちら→ ホワイト/ サックス


清楚の具現化 ~ Waltz for rolca/ 丸襟ブラウス

ご好評のWaltz for rolcaからブラウスが入荷しています。

10985501_1066736066675071_2504390275270588106_n

光沢と肌触りに定評のあるエジプト綿”ギザ88″を使用しており、洗いがかかっていても凛とした佇まいの生地の上質さは実物を見ていただければお解りになることでしょう。

当店はレディースサイズであってもメンズ仕立てのものが多いのですが、これは台襟を省いた丸襟、背中のギャザー、折伏せでないふわりとした袖付けと、れっきとした女性用ブラウスとなっています。

10947288_1066736090008402_1861258160411862670_n 10429808_1066736116675066_971464002353853256_n

ディテールに凝りすぎず清楚なデザインですので、かしこまりすぎずにきちんと感を出したい場面にご活用いただけるのではと思います。

オンラインストアはこちら→ホワイト/ ブルーギンガム


りんごの森の子猫たち ~ D-BROS/ KUDAMEMO

D-BROSのデザイン雑貨のお取扱いを開始致しました。

種類はまだそんなに多くは入っていませんが、
いずれも春らしい色彩に満ちた美しいものばかりです。

その中でまずはこのメモブロックをご紹介します。

10953245_1065058053509539_5527705924016036208_n
単に果物を模したというにはあまりにも瑞々しい、その名も「KUDAMEMO」。
スライスされた果実を一枚ずつ剥がして使用します。

木からもいだ名残のように本物の枝がついており、
また梱包に至ってもネットに入れられ、八百屋さんやデパートのフルーツ売り場等で見覚えのある”あの形”の段ボール箱に入って納品されています。

10544787_1065058073509537_8527248151472417605_n

表面的にフルーツ型にしただけのファンシーグッズとは一線を画す徹底的なデザインです。

リンゴと洋梨の2種がありますが、ともに実物をご覧になれば、店主の下手な写真では表現できないほどのジューシー感(紙なのに!)を認めていただけることでしょう。

癒されるというのもまた陳腐な言い回しですが、少なくともこれがデスクにぽんと置いてある状態で殺伐とした気持ちになるのもなかなか難しいのではないでしょうか。
実用性という面でもっとすぐれたメモブロックは数多あれど、デザインの力がそれとは違う側面での価値を生み出すという好例だと考えています。


腰回りの秘め事 ~ rolca on the notes/ 9分丈チノパンツ

少なからずご要望のあったレディースのパンツが入荷しています。

以前ご紹介したWaltz for rolcaのカジュアルライン、もといメインラインであるrolca on the notesの9分丈チノパンツです。

2015-04-11 11.41.15

背面腰部分にはゴムが配されており、フロントのプリーツや素材に混紡されているストレッチも相まってゆったりとした着用感となりますが、正面から見ると比 較的クラシックな顔つきであり、テーパードも綺麗にかかっていますので、シャツやベルト等でゴム部分さえ隠せばそのリラックス感を悟られることはありませ ん。

2015-04-11 11.40.06

色もオーソドックスなベージュとブルーですので、応用範囲は非常に広いと思われます。

きょうも強烈な寒さですが、陽射しは確実に春に近づいてきています。
まだまだ防寒着は手放せないものの、こうしたシーズン性の薄い素材のアイテムから少しずつ春服に切り替えていくのもいいのではないでしょうか。


Qは究極のQ ~ EEL/ Qシャツ

まずは一言、実に素晴らしい色です。

EELの考える究極のシャツ、その名も「Qシャツ」から、トマトを思わせる穏やかな赤と、しっとりとしたマスタードの2色をご用意しました。

DSC08113 DSC08112

春を飛び越えて夏を彷彿させるホットな色目ですが、つくりは非常に繊細です。襟と袖口の袋縫い、際ギリギリの緻密なピッチの縫製など、ドレスシャツの縫製工場ならではの技巧が駆使されています。

こういう服だからこそ、特にコーディネートに凝ったりせず、何でもない感じで着るのがいいですね。若者には真似のできない、大人ならではのカジュアルだと思います。

オンラインストアはこちら→ レッド/ マスタード