NO VOTE, NO VOICE (2)

あらためて言うまでもなく、来週末(10/31・日曜日)は衆議院選挙です。

どうせ自分の一票なんかで何も変わらない、だれが当選したって一緒、そんなふうにお考えの方も少なくないでしょう。

でも選挙は投票してだれかが当選してハイ終わりという単純な多数決ゲームではありません。

選ばれた議員がそれからの任期で何をしたか、だれのためにどう動いたか、そこへの絶え間ない監視とプレッシャーこそが我々個々の国民が選挙後もしなくてはならないことであり、投げやりな全面委任でも無謬性を前提とした手厚いサポートでも、ましてや個人崇拝ではないわけです。

その積み重ねなくして、真の意味での民主主義社会とは言えますまい。

もちろんこのブログでどこの党の誰に入れましょうなんて野暮なことはしませんが、一市民の権利でありせっかくのイベント、大いに楽しみましょう。

当店では政治への参加もある種の装いのひとつと敢えて捉えており、一昨年の参議院選の際に、この時期だからこそ改めて読んでみたい、読み返したい本を3冊ご紹介致しました

この記事が意外と読まれていたようですので、調子に乗って第二弾をお届けします。

今回も、あまりに専門的な学術書やイデオロギー色の強いものではなく、安価かつ入手が容易で比較的読みやすい、定番的な本を選びました。

1.クリストファー・R・ブラウニング/ 普通の人びと ホロコーストと第101警察予備大隊(ちくま学芸文庫)

ナチス政権下、ポーランドで38000人のユダヤ人を殺害し、45000人以上の強制輸送を実行したのが、第101警察予備大隊です。
彼らはナチス台頭以前の教育を受けた世代で、とりたて熱狂的な反ユダヤ人主義者でもなければ狂信的な政権支持者というわけではありません。
商人や職人、薬剤師など、市井に生きたおじさんたち、つまりは「普通の人びと」によって結成されていました。
そんな彼らがなぜこのような凄まじい虐殺劇の主役となったのか、そのメカニズムを解析したのがこの本です。
これは決して他人事ではななく、我々にだって起こり得ます。
ただでさえ、技能実習生問題や関東大震災の「井戸」を挙げるまでもなくこの国では欧米(もっといえば白人)以外の外国人に侮蔑的感情を抱く人は少なくありませんし、権力側としては人種差別や排外主義などで国民を煽動することが容易い環境にあります。
政権寄りスタンスのテレビの昼のワイドショーなんかもそんな感じで近隣の国への敵愾心を日々煽っていますし、犬笛が吹かれる準備はいつだってできています。
まじめでお上の言うことに従っていれば、多数派の論理に追随していれば「善良な市民」として穏やかに生きていけるのか、そこは常に疑っていたいですね。

決定的な要因は、集団への順応であった。大隊はユダヤ人を殺害するように命令を受けた。しかし個々人はそうではなかった。しかし80パーセントから90パーセントの隊員が、ほとんどは-少なくとも最初は-自分たちのしていることに恐怖を感じ、嫌悪感を催したが、にもかかわらず殺戮を遂行したのだった。列を離れ、一歩前に出ること、はっきりと非順応の行動をとることは、多くの隊員の理解をまったく超えていたのだった。彼らにとっては、射殺する方が容易だったのである。

2.エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ/ 自発的隷従論(ちくま学芸文庫)

話にならないような悪政が蔓延るのは何も現代の日本だけではありません。
古今東西、いつだってそれはありふれたものでした。
しかし、権力者がいくら権力を持っていたとしても、それは数の上では少数派ですよね。
それなのになぜこのような構造が簡単に実現し、維持できてしまうのか。
16世紀のフランス、わずか18歳(16歳という説もあり)のラ・ボエシ青年がそれを考察し、まとめあげたのがこの『自発的隷従論』でした。
人が権力に隷従するのは、それを強いられているからではなく、むしろ自発的なものである、本書はそう指摘します。
それはそうなるよう環境がつくられているのもありますし。隷従によっておこぼれにあずかれるという構造が人をそうさせるわけです。
ねずみ講よろしく、まずトップの権力者に5~6人の隷従者がおり、その恩恵を受ける。その5~6人の下にそれぞれ数百人がいて、甘い汁を吸える。そしてその下に…のような、隷従のメリットこそが自発的な隷従を促します。
若者の書いたものですから、ときおり感情的に過ぎる表現や考察の雑な部分も散見されますが、それでも本筋としては的を射た、普遍的な内容だと思います。
圧制者の詐術として並べられた「遊戯/ 饗応/ 称号/ 自己演出/ 宗教心の利用」なんて、まるでどこかの島国のようではありませんか。

トルコの大王は、書物や学識というものが、ほかのいかなるもにもまして、人間に、自己を知り圧制を憎む能力を理解力を与えることを熟知している。だから彼は、自分の領土に識者をほとんど置かず、そんな連中を求めたりもしないのだ。多くの場合、時流に抗して自由への献身を守りつづけてきた人々の数がいかに多くとも、互いに知り合うことがなければ、そんな熱意と情熱も、効果をもたらさないままになるものである。圧制者のもとでは、行動や言論はおろか、思想の自由さえも完全に奪われているので、彼らのような人々でも、みな自分の考えのなかに閉じこもり、ばらばらになってしまっているのだ。

3.マックス・ヴェーバー/ 職業としての政治(岩波文庫)

そもそも、「国家」とは何でしょう。
20世紀初頭、マックス・ヴェーバーは、現代に於けるそれを「ある一定の領域の内部で正当な物理的暴力行使の独占を(実効的に)要求する人間共同体」と定義づけました。
国家以外のすべての団体や個人に対しては、国家の側で許容した範囲内でしか、物理的暴力行使の権利が認められない、ゆえに国家こそがその行使の権利の源泉である、というわけですね。
政治というものは、どんなスケールでの話(国家間~もっと小さな集団間)であっても、個々人にとってみれば分け前にあずかるべく権力の配分関係に影響を及ぼそうとする努力そのものであり、倫理ではない。ゆえに道徳的観点からの批判は無意味である…実に身も蓋もない話ですが、いざ現実を見てみると宜なるかなと頷かざるを得ないようです。
論自体はここに留まらず、それを前提としたうえでの政治を職業とする人間の持つべき資格と覚悟を問うわけですが、そこは是非実際にお読みください。
一世紀前の本ですからもはや古典と言っても過言ではなく、またいつのものであったとしても一から百まで無謬であるなんてことはありませんから、あくまでひとつの物事の見方に過ぎないとはいえど、今もなお一読に値する書です。

政治的に重要なのは、むしろ彼らの手足となって働く補助手段の方である。政治的支配権力はどのようにして自己の支配権を主張し始めるのか。この問いはあらゆる種類の支配について、したがってどんな形態の政治的支配-伝統的支配、合法的支配、カリスマ的支配-についてもあてはまる。
どんな支配機構も、継続的な行政をおこなおうとすれば、次の二つの条件が必要である、一つはそこでの人々の行為が、おのれの権力の正当性を主張する支配者に対して、あらかじめ服従するよう方向づけられていること。第二に、支配者はいざという時には物理的暴力を行使しなければならないが、これを実行するために必要な物財が。上に述べた服従を通して、支配者の手に掌握されていること。ようするに人的な行政スタッフと物的な行政手段の二つが必要である。

投票日まではもう日もそれほど残っていませんが、それまでに読まねばとかそんな話でもありませんし、あくまできっかけとしてご紹介しただけですから、タイミングが合えばくらいの気持ちでいつかお手に取っていただければ幸甚です。


V V V! ビクトリー ~ Olde H & Daughter/ CASHMERE V NECK KNITWEAR

秋が深まりすぎて、初冬の寒さとともに冷たい雨が降りしきっています。

あわててセーターや上着を出した方も多いのではないでしょうか。

さすがに明日からはもう少し落ち着くのでしょうが、すぐに着るものとしてあたたかい衣料を補充するにはいい頃合いです。

今季はニットの当たりシーズンで、数年ぶりにカシミアのニットも届きました。



先日ご紹介したシルクニットも大好評、Olde H & Daughter(OH&D)渾身の一作です。

素材の佳さは言うまでもなく、カシミアのなかでも厳選された上等なもののみを使用しています。

カシミアの特徴は、軽さ、ぬめっと潤った手触り、そして抜群の保温性ですが、その厚みによっては暑すぎて着られない人も少なくありません。
このニットは薄手ではなくふっくらもっちりとした豊かな肉感を愉しめつつも、適度なボリュームに抑えることで、長い期間を通して着用可能なものにしています。

また、毛玉ができにくい(出来上がる前にすぐ落ちてしまう)のも特筆すべき点です。

もちろん、見るべきは素材だけにあらず。

開きすぎず詰まりすぎない絶妙な深さのVネック。

クルーネックのカットソーの上に重ねるのはもちろん、素肌に直接着てもいやらしくありません。

袖と裾のリブは比較的長めに設定されています。

袖口のリブは折り返すのもいいですね。

このネックやリブに限らず、全体のサイズバランスが実に見事で、ここまでシンプルでありながら垢抜けた洒脱な印象を生み出しています。

服のデザインというのは、何かディテールを足したりするだけではありません。
こうした表面的には言えない部分にも、仕事の精度が大いに反映されるものです。

例によってブランドのタグに値札が縫い付けられていますので、着用前には糸を切って外してください。

サイズは8(女性向け)、10(男性向け)をご用意しました。

とろけるような肌触り、しっとりとした質感、デザインのバランス、どこをとっても時代を超越しています。
長く、ずっと秋冬のお伴として使い続けていきたいですね(ブランド側も長く愛用してほしいとの意向のため、リペア用の糸が付属しています)。

きっと人生を豊かにしてくれるであろう極上のニットです、是非一度お試しを。

オンラインストアはこちらです→ ホワイトスモーク(グレー)/ ウィート(ベージュ)


ハイリ ハイリ フレ ホー ホー 大きくなれよ ~ Handwerker ASEEDONCLOUD/ Seeding grower trousers & HW jacket

Handwerker恒例の特定職ワークウェアシリーズ、いままで活版印刷職人や編集者などさまざまな職業のための服が登場してまいりましたが、今季は植物研究家のための服となります。

過去のコレクションでもたびたび言及され、そしてブランド名にもあるように「種」と縁の深いASEEDONCLOUD、いったいどんな方のためにどのような服を作ったのでしょうか。

今回のコラボレーションの相手である塩津植物研究所は、奈良県橿原市にて盆栽を手掛けているご夫婦です。

一般的に盆栽というものは、盆栽用に植物を育てる種木屋さんから苗を仕入れ、それを”仕立てる”そうです。
ところが塩津さんたちは、種作りや挿し木なども、つまり完成形としての盆栽に至るすべてのプロセスを自らの手で行います。

日頃からHandwerkerの服を愛用されていたお二人のために、さらに望ましい服をと、あらためて設計されたのがこのSeeding grower trousersです。

Handwerkerではお馴染みとなった、”備前壱号”と、


13オンスのどっしりとした本格派のデニムをご用意しました。

ややゆとりのある腿周りから裾に向かってきゅっと窄むテーパードシルエットがとても綺麗で、これなら打ち合わせのときなどでも、こざっぱりとした服に着替える必要はありません。

しかし作業着としての機能性は高く、ベルトループは仕事のときに巻くベルトに合わせて作られ、

手が入れやすい角度にカットされた大ぶりのヒップポケットの左側には、剪定鋏を収める小ポケットが内蔵。

そして膝裏には補強の布が当てられ、耐久性を高めています。

おっとりした控えめなルックスに職人に向けたディテールを搭載した、意外なほど骨太なパンツです。

ちなみに、この備前壱号の新色であるカーキは、ジャケットもご用意しています。

こちらは継続品番であるHW jacket。

前振り袖などにきちんとしたテーラードジャケットの背景を滲ませつつ、

スマートフォンなどが内部であちこちに動かないよう内仕切りを設けたポケットなど、随所にHandwerkerならではの実用的ディテールが光ります。

もとは学生服用の生地として開発された備前壱号、とてもしっかりした丈夫な生地ですから、裏地がなくともとくに問題はありません。

パンツ、ジャケット、ともに単品で使うべくデザインされてはいますが、このカーキはセットアップでの着用も面白そうですね。

オンラインストアはこちらです→
Seeding grower trousers デニム(インディゴ)/ 備前壱号カーキ/ 備前壱号チャコール
HW jacket 備前壱号カーキ


流星のサドル ~ comm. arch./ Hand Framed Saddle B.B.

涼しくなるのは大いに結構ですが、いくら何でも急に寒くなりすぎて、店主、体がなかなか追いつきません。
まあそれは齢のせいもあるんでしょうけど…

さて、そうした次第でセーターにうれしさを感じる頃合いになりました。

今年は(今年も?)ニットは豊作で、いろいろな種類をこれから冬本番にかけてじっくりとご紹介していきます。
そんななか、ごくごくシンプルで「普通」であるがゆえに異彩を放つのがこちらです。



ニットといえばcomm. arch.。
Saddle B.B.は長く定番として君臨し続けてきたB.B.シリーズの顔となるクルーネックセーターです。

とはいえ、当店ではモックネックタイプのMock Neck B.B.を中心に扱ってきて、Saddle B.B.は実に5年ぶりとなりますが、このあいだに何度もバージョンアップを繰り返していました。

そして今年も素材を改め、さらに素晴らしいニットへと進化しています。

デザインといいますか、意匠については特別変わったことはありません。

某アメリカントラッドブランドのセーターに基づいた、ごくオーソドックスなサドルショルダーのセーターです。

何一つ尖った要素のない、絵に描いたような服ですから、サイズバランスと素材がモノを言います。

インポートブランドにくらべメリハリを抑えた柔和な形状を構成するのは、ふんわりとしたやさしい毛糸。

オーストラリア産のメリノウールのなかでも選りすぐりの極細繊維のみを使用、このデリケートな素材をふっくらしたものにすべく、カシミア用の紡績機を用いて糸にしました。
こうして生まれた、やわらかく弾力性に富んだ糸を用いて、東北の手横編み機職人の手でゆっくりと時間をかけて編み立てられたのが、このセーターです。

しっとりと滑らかな素材を、もっちりとした生地に編みたてたわけですから、その心地好さは言うまでもありません。

そして驚くのがその軽さ。
空気そのものを纏ったかのような錯覚に陥りそうな着心地に、自然と微笑みもこぼれるというものです。

ごくごく普通のデザインだからこそ飽きずに、日々の生活の中で躊躇せず登板させられますから、自然とこの着心地を味わう機会も増えていくことでしょう。

オンラインストアはこちら→ ディープオーシャン/ パインツリー


氷と炎の歌 ~ HAVERSACK ATTIRE/ コーデュロイカラーレスジャケット & イージーパンツ

天気予報が見事的中し、きのうまでの温暖な空気はひと晩を跨いで一気に消え去りました。
少し遅まきながら、いよいよ秋本番といったところでしょう。

となると太畝のコーデュロイのぬくもりも心地好くなってくるころです。

しかし一方で、そのホンワカした風合い、雰囲気(それが特徴であり魅力ではあっても)に苦手意識を持つ方も少なくないのがこの生地。
そんな方にこそご紹介したいジャケットが届いています。


HAVERSACK ATTIREのカラーレスジャケットは、同ブランドにしても珍しく、冷たさすら感じさせる鋭角的なデザインです。

虚飾はおろか通常の要素ですら削ぎに削ぎ落し、前立てと袖口のボタンはひとつのみ。

背面はノーベントで、ミニマリズムはここにも貫かれています。

こうした硬質なデザインに、バイオ加工が施されたやわらかな生地が合わさることにより、両者の特性が中和され、ご覧いただいたように独特の温度感を持った一着が生まれました。

なお、このジャケットにはもともと対になるパンツが存在します。
しかし当店ではそこに一捻りを加え、イージーパンツを別注してみました。



こちらは黒も登場。
…といいますか、実はジャケットも黒をご用意していたのですが、そちらは好評につきご紹介を前に完売してしまいました(ちなみに、ジャケットはブラウンも残りわずかです)。

ソリッドなジャケットとたっぷりしたイージーパンツの組み合わせはなかなか新鮮ではないでしょうか。

ドローストリングは腰の内側に通され、表からは見えません。
それでも紐の先には金具があしらわれ、このブランドの細部まで手を抜かぬ美意識に唸らされます。

もちろんどちらも単品での販売となりますし、セットアップにせずとも大活躍するはずです。
どう使うかはその人次第。
服の愉しくなるこれからの季節、大いに役立ててください。

オンラインストアはこちらです→
コーデュロイカラーレスジャケット ブラウン
コーデュロイイージーパンツ(Euphonica別注) ブラウン/ ブラック


Take just one chance, Be somebody ~ ZDA/ Marathon 2400LL

人を困惑させるトリッキーな配色でお馴染みのZDA。

その軽妙な佇まいにはファンも多く、当店では完全に独特のポジションを確立していますが、このたび思いきって完全モノトーンをご提案してみることにしました。





ソフトレザーのアッパーに、禁欲的なオールホワイトとオールブラック。
いままでと同じ型なのにまるで違う靴のようです。

色に目が行かないぶん、構造そのものが引き立ちます。
見慣れた型ですが、改めてまじまじと見つめてみましょう。

このアッパーのパーツの組み合わせは、ただ見た目だけの意匠ではなく、靴紐を通して絞めることで複数ポジションから立体的に足を包む設計に基づいています。

単色のデザインにあわせ、ミッドソールはいつもの硬さの異なるフォームを積層したものではなく、厚い一枚を削り出したものを採用しています。
そのため、いつもより沈みの少ない、しっかりとした履き心地となりました。

ポコポコと跳ねる不思議な歩行感覚を愉しませてくれるアウトソール(通称マラソンソール)も、アッパーと色を合わせた特別仕様です。

アッパーの”Marathon”ロゴが覗く窓も排除するほど、ごくごくシンプルに、ミニマムにまとめながら、どうしても最後の最後で我慢しきれなかったのか、通常このモデルにはいないはずのマラソンマン(当店による勝手な命名)が突如として現れ、きりりとした緊張感を乱してきました。

このクールに徹しきれないところが、ZDAのZDAたるところです。
実に愛らしい。

オンラインストアはこちらです→ ホワイト/ ブラック


いつかきっと 自分らしく この街で戦いながら ~ K.ITO/ 圧縮スムースフルジップフーディー

きのうまでのぽかぽか陽気も、一晩跨いだら俄かに我に返ったかのよううな肌寒さへ。

ちょっとした羽織ものを忘れたら風邪をひいてしまうかも知れません。




K.ITOのフルジップフーディーの活躍する時期が、ようやくやってきたようです。

こちらはスウェットではなく、以前ご紹介したカーディガン同様にウールのスムース(両面編み)を圧縮した生地を採用。
しなやかなやわらかさ、潤いのある艶、そして高い保温性を備えています。

袖と裾はリブではなく共生地を用いており、フーディー特有のスポーティーな匂いを軽減しました。

厚みはそれほどないもののパターンワークで立体的に仕上げたフード。
さり気ない鳩目のあしらいがK.ITOらしいですね。

これらの意匠にくわえ、身に纏ったときの独特の円みはこのブランドならでは。

秋にはアウターとして、冬は外套の下に挿む中間着として、大いに役立ってくれることでしょう。

店頭では男性はもとより、意外なほど女性からの人気も高いモデルです。

単体ではその魅力が今一つわかりづらい品ゆえ、まずは一度お試しください。

オンラインストアはこちらです→ チャコールトップ/ ネイビー/ ブラック


働きずくめの あなたの肩に 小春日和の 陽が当たる ~ Olde H & Daughter/ SILK PLAIN STITCH CREW NECK KNITWEAR

週末のイベントも滞りなく終了し、また日常が戻ってまいりました。

たとえば今日のような小春日和の麗らかな陽に映える、気持ちの好いニットが届いています。



夏を越せずに枯れてしまうデルフィニウム、寒さに弱いシトロンと、それぞれ見た目の印象のみならず名の由来からして春から夏らしい色ですが、今季の新作です。

すでにカットソーのクオリティに定評のあるOlde H&Daughter(OH&D)ですが、デザイナーの藤林さんはもともとニットを得意とする方で、その実力は今まで以上に発揮されています。

ずいぶんと爽やかな色調ながら、意外と秋冬の重い色との相性がよく、たとえばデルフィニウムはチョコレートブラウンやワインレッド、シトロンはネイビーやグレーなどとと組み合わせれば、装いに適度な軽やかさが生まれます。

素材は上等なシルク。

画像では伝わりにくいものの、しっとりとした細やかな艶めきが光に当たるとなんとも美しく、その素性のよさを饒舌に語ります。

また、着てみたときにグヌヌと唸らされる独特の円みを帯びたシルエットを生み出すのが、この長めに設定されたリブです。

袖口のリブは折り返してさらにフィット感を高めることもできます。

なお、カットソー同様、ブランドのタグに値札代わりの大きなタグが縫い付けられていますので、ここは着用前に外してください。

天気予報によると、昼の暑さもきょうまでで、明日からはぐっと季節の深まりを実感できるようです。

暑い日には涼しく感じ、寒い日には暖かく感じるシルクの特性は、季節を問わず大いに活用できます。

女性や小柄な男性向けのサイズ8、男性向けのサイズ10の2パターンをご用意しました。
店頭でのお客様からの反応頗る好く、すでに色によってはサイズ欠けが出ていますので、気になる方はどうぞお早めに。

オンラインストアはこちらです→ デルフィニウム/ シトロン


<靴とYシャツと私 Pt.3>好評開催中!

昨日から開催中の、delightful toolとholo shirts.合同受注会”靴とYシャツと私 Pt.3″。

お陰様で昨日は大賑わいでした。

本日はまだ時間帯によっては下記の通り予約枠に空きがございますので、お時間あれば是非遊びにいらしてください。

delightful tool
16:00~
18:00~
(予約はこちらから)

holo shirts.
14:00~
15:00~
16:00~
17:00~
(予約はこちらから)

受注会は予約制ですが、それ以外はとくにそのように制限していませんので、通常のお買い物をご希望の方はご遠慮なくお越しください。

それでは本日も皆様のお越しをお待ちしております!


「君が欲しい」なんて言ってみて 裡でそおっと滑り落す ~ EEL Products/ アウンカーデ

朝晩だけでなく、夕方くらいからひんやりした風が吹き、いよいよ秋らしくなってきました。

季節の深まりはあたたかな服を、備えというよりもリアリティのある存在に感じさせてくれます。




EEL Productsの新作アウンクルーは、過去何度も入荷しているアウンクルーのシリーズで、初のカーディガンタイプとなります。

アウンシリーズの特徴は、ウールの生地とコットンの生地を袋縫いにて合わせた構造です。

製品洗いを施すことでウール側が縮み、それに引っ張られるように裏のコットンが表側に回り込んでいます。

こうして角の取れた心地好い歪さと、生地の目の詰まりによる高い防寒性が生まれました。

前立ては表裏のないタイプのスナップボタンを採用しています。

裏のコットン側にも、表側と同じ位置にパッチポケットが設けられています。

つまりはこれ、裏返すと…


こんな感じでも楽しめるわけです。

ずっしりした安心感のある重さながらチャーミングな風貌ですので、今回は男性向けサイズのみならず、女性向けのXSもご用意しました。

秋は羽織ものとして、冬はコートの下に着るカーディガンとして、寒い時期を通し活躍してくれるはずですよ。

オンラインストアはこちらです→ ネイビー/ レッド/ オリーブ