やさしさに包まれたなら ~ CURLY/ RAFFY ZIP PARKA & AWSIE ZIP PARKA

少なくともフロントジップ式に限れば、スウェットパーカのファイナルアンサーの一つと断じて過言ではないかも知れません。

今季より展開スタートしている香川発のカットソー専門ブランドCURLY(カーリー)。
その代表作であるスウェットパーカが入荷致しました。

RAFFY(ラフィ)と名づけられたこの前開きタイプのパーカ、見たところそれほど大きな特徴はないようですが、一体どうしてこれが只者ではないわけです。

追って見て参りましょう。

まず素材、カットソー専業工場のブランドなだけあってその生地の品質は折り紙付き。

繊維強度の強いトルファン、艶のあるギザ、柔らかいスーピマの落ち綿のみを混紡した糸で編まれています。

ブランド定番の型ではありますがシーズンによって微調整が施され、秋冬モデルは起毛後に生地を揉み込み起毛を絡める事で、肌当たりと保温性をより高めています。

その肌触り、着心地はまるできめ細やかなクリームのよう。
ふわりとして、のびやかで、体をやさしく包み込んでくれます。

この極上の生地をただオーソドックスな形状に仕立てるだけでもじゅうぶんなはずですが、それでは終わらないのがCURLYです。

体の形状に沿った、余計なゆとりのないすっきりしたシルエットにまとめられ、しっかりと立ち上がったフードがさらに完成度を高めています。

一般的にこうしたパーカのフードは、ファスナーを一番上まで閉めたときはともかく、少し開けばぺちゃっと倒れてしまうものです。
ところがこのパーカ、そう簡単にはフードが寝ません。

前立て裏の見返しを深くとって厚みを出すことで襟元、胸元にハリが生まれ、

通常はフードに隠れて見えませんが、首と背中の間に縦方向のリブをはめ込み、下への力に負けないようフードを支えています。

パターンの工夫とこうした仕様によって、立ち上がったフードから胸元にかけての美しい曲線が生まれました。

なお、前立てのファスナーはYKKのEXCELLAを使用しています。


歯のひとつひとつに磨きをかけることで生まれるラグジュアリーな光沢と、滑らかな開閉感が特徴です。

なお、今季はこのRAFFYをさらに秋冬仕様にバージョンアップさせたAWSIE(オースィ)というモデルも登場しました。

前述の綿素材に最高ランクのオーストラリア産メリノウールをブレンドしたスウェット生地で同じ型に仕立てられており、RAFFYの柔らかさ、保温性がさらに高められた一枚となっています。

なんとこのウールには防縮加工が施されており、家庭で洗濯を繰り返しても質感が損なわれません。
あれこれ気にせずどんどん楽しめますね。

ちょうどこの連休から気温も下がるようで、こんな気軽で暖かなスウェットパーカはたいへん重宝します。

どちらも男女サイズをご用意しました。
是非店頭にてその衝撃的な着心地をお試しください。

オンラインストアはこちらです→ RAFFY/ AWSIE


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です