Shake Hip! ~ RICEMAN/ Tapered Pants

改めて、どんなおかずにも合う白いご飯のようなブランドだと認識させられました。

RICEMANより届いたこのパンツのことです。

深い股上、ゆったりした腰回りからすっと裾に向かって細くなる形状で、リラックスした穿き心地と第三者から見た際のスマートさを両立しています。

生地はバックサテン。
超長綿の甘撚り糸を経糸に用いて織っているため、とても柔らかく滑らかな質感を備えています。

硫化染料ならではのスモーキーな風合いもまた魅力的ですね(ブラックもチャコールグレーのような色目です)。

前開きはジップフライとなっています。

トップボタンには生地の色目に合わせた水牛の角が採用されました。

腰は帯無し(共生地ウェストバンドを省略した仕様)です。
生地の重なりが少ないため、圧迫感の少ない開放的なフィッティングとなっています。

こうしてひとつひとつのディテールを覗けば細部までデザインの思考が行き届いているわけですが、それでいて冒頭にて述べたように合わせるおかずに悩まない、すぐれた汎用性を備えた逸品です。

昨年の座談会記事で「パンツは実はベースにならない。一番流行に左右されるし、ご飯でなくおかず的存在です」と発言したことは自分でも忘れていません。

しかしながら座談会での発言とはまた意味合いや前提が異なるとはいえ、このパンツならご飯にもなるかな、と思ってしまいました。
それが一体如何なるものか、気になる方は是非店頭にてお確かめを。

オンラインストアはこちらです→ ブラック/ ベージュ


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です