チルチル・ミチル ~ tilt The authentics/ Out Tuck Chino Trousers & In Tuck Cotton Serge Trousers

控えめながらしっかりとした芯のある服を、ひたむきに提案し続けているtilt The authentics。

シャツやアウターなどでもその技巧は冴えわたりますが、やはりこのブランドの顔として多くの方に認識されているのはパンツです。

シーズンを重ねるごとにファンを増やし、今や当店に於けるすっきりした細めのテーパードパンツの代名詞的存在としてお馴染みとなりました。

このブランドがデビューした2018AWからずっとお付き合いさせていただいていて(最初の展示会に伺ったのも当店が一番乗りだっとか)、そのパンツの変化、進化、深化をずっと当事者として見続けています。

今季は2型が入荷、ではさっそくご覧ください。

定番の最新型、肉厚なチノクロスを用いたこちらと

コットンサージのこちら。

基本的な形はほぼ同じですが、素材だけでなく、仕様も若干異なります。

まずチノクロスの方は、外向きの1プリーツ(タック)。

ヒップポケットのボタンはループ留めとなっています。

今季からは腰の裏にコットンのマーベルトが設けられ、フィット感が増しました。
シャツをパンツに入れて着用する際に、裾が出にくくなるというメリットもあります。

フロントのファスナーはYKKの最上級ライン、エクセラです。

なお、このパンツに用いられているチノクロスは、一般的な左綾ではなく、右綾で織られています。
ウェストポイントと呼ばれる生地と、ほぼ同様のものかと思います。
名称が何であれ、密度が高く、ふっくらして、そしてしなやかな、素晴らしく質の高い生地です。

さてもう一方、デザイン上の大きな(でもないか…)違いとしては、腰のプリーツが内向きであること。

両脇ポケットの口もこちらは両玉縁となっています。

こちらの生地は硫化染めが施されたコットンサージで、先述のチノクロスにくらべさらりと乾いた肌触りです。

穿きこむことで、色、風合いの変化を楽しめます。

マーベルトはチノ版と同様に。

先述の通り、形状はほぼ同じですので、生地や細部の仕様の好みでお選びください。

着用時の流麗な印象と快適な穿き心地の見事なギャップに驚かれる方が多く、リピーター様も増える一方のパンツです。

このブログ執筆時の段階で、すでに両モデル全色ともサイズ1は完売、残りも時間の問題でしょう。

どちらもそれほど極端に肉厚ではないため、晩夏あたりから活躍しそうです。
ご検討中の方は、どうぞお早めに。

オンラインストアはこちら→
Out Tuck Chino Trousers キャメルベージュ/ ダークネイビー
In Tuck Cotton Serge Trousers ダークブラウン


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です