雨ニモ負ケズ ~ alk phenix/ ame coat EPIC

phenixというメーカーを皆さんもご存じかと思います。
スキーウェアのイメージが強い会社ですが、近年デザイン性の高いアウトドアウェアの開発等でも高い評価を得ています。

そのphenixが「歩くための機能服」を標榜し、統括ディレクターにTEATRAの上出大輔氏を、ヴィジュアルディレクターにスタイリスト岡部文彦氏を迎えて立ち上げた新ブランド(*)、それがalk phenixです。

都市生活のシチュエーションを「雨をしのぐ/動く/暖をとる/静けさを纏う/収納する/快適を得る/陽をよける」の7つに分類し、それぞれのテーマに従ったプロダクトを展開しています。

当店ではその中から「雨をしのぐ」コート1型と「収納する」パンツ2型を選びました。

今回ご紹介のame coatは、その「雨をしのぐ」コートとなりますが、語りどころの多い品です…

2015-04-13 10.21.45

まずはシックな色使いのなか文字通り光るリフレクターが配されていますが、全方位からの光を再帰反射する塗料が用いられています。

生地もただ水に強いだけではありません。
布に防水コーティングを施すのではなく、繊維の内部に防水処理を施すことにより、撥水する生地が織りあがりました。
そのためレインウェアでありがちな経年による内部の剥離も起こらず、防風性と通気性を両立することが可能となります。
また、充分なすすぎを伴う洗濯および低温での乾燥機で乾燥させることにより撥水性能を回復することができます。
さらに高いストレッチ性による抜群の着心地と、静電気中和まで兼ね備える、恐るべき性能です。

まだ終わりません。
付属の巾着袋に小さく収納可能なのですが、この袋にも消臭機能をもつ糸が使用されており、濡れた雨具特有の雑巾臭さを抑制します。

これだけの機能を兼ね備えつつあくまで都市生活を前提とした洗練されたデザインとなっているため、過度のスポーツ感はなく、何より着ていただくと柔和な表情のシルエットに驚嘆すること間違いなしです。

今季はファーストシーズンのためか、東京を除く関東地方では当店だけの展開となるようです。
是非実物をご覧いただき、店主の駄文では表現しきれないその価値をご確認ください。

オンラインストアはこちら→ ame coat

(*)2019/9/6追記:上出氏と岡部氏はブランド発足後数シーズンののち、退任されました。現在はデザインチームによるディレクションが行われています


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です