夕やけ小やけの赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か ~ niuhans/ Soft Brushed Irish Linen Open Collar Shirt Jacket

いつもお世話になっている郵便の配達員さん曰く、
「暑い暑いと言っても、やっぱり前ほどじゃないね。朝とかはそれほどでもなくなったし、陽が沈むのもだいぶ早くなったよ」。

ということで、この残暑も着実に終わりへと向かっているようです。
もうしばしの辛抱ですね。

ほら、その証拠に街路樹の葉も散り始めました。

悪あがきのような蒸し暑さと増しゆく秋の気分の鬩ぎあうなか、そろそろ手にしたくなってくるのがこんなシャツジャケットではないでしょうか。

まずは何と言っても奥ゆかしい色目が来たるべき次の季節を想起させて止みません。
夕焼け、赤とんぼ、金木犀、柿、紅葉…聯想は拡がるばかり。

このふっくらとした生地、ウールに見えて実はリネン100%です。

ハードマンズ社のアイリッシュリネン糸を日本国内で製織、染色後に繊維を優しく叩きほぐして起毛加工を施すことで、この柔らかな肌触りを生み出しています。

温かな風合いと、リネンならではの吸湿性、速乾性、通気性を両立させた、この高温多湿な日本の秋口に最適な生地と言えます。

服自体を見れば開襟にフラップ付きパッチポケットといったカジュアルなディテールですが、ステッチを目立たせず、またポケットにボタンを設けないことで洗練された上品な雰囲気に仕上げています。

なお、ボタンは生地の色とよく調和した水牛製のものを採用しています。

直線状の裾により、より羽織りものとしての性格が強められました。

もちろん、シャツとしても問題なく着用可能です。
そのバランス感も魅力的ですね。

などと、そんな細部の説明も不要なほど、ただ手に取りたいな、着たいなと思わせてくる一枚です。

人が装うにあたり、情感のみをその拠り所とするのは難しかれど、かといって機能性やコストパフォーマンスこそが正義ということもありますまい。

情緒と合理性の邂逅と呼べるような何かが、この服には感じられます。

オンラインストアはこちらです


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です