きらめく二人の時 ~ EEL Products/ キルトウォーマー2 & サザンカコート

秋の深まりとともに、いよいよ眼前に迫る冬の気配。

あたたかな衣料のうれしさが身に沁みます。

とはいえ、日によってはまだ昼は暖かったりして、本格的な防寒服を手に取るにはまだ早いというのも確かです。

そんな過渡期から厳冬期まで、八面六臂の活躍を約束するのが、EEL Productsのキルトウォーマー2。


以前ご紹介したビークルベスト同様、撥水ポリウレタンに東レの人口羽毛Sunstate(サンステート)Ⅱをキルティングした、保温性の高いカーディガン型ジャケットです。

サンステートⅡは薄さ、軽さからは想像もできないほどの保温性を備え、なおかつ虫害や黴に強く、そして洗濯も可能で形状回復力にも優れています。
一般的な中綿素材にくらべ繊維が細く、繊維缶の空気の層を細かく区分、暖かさを閉じ込めます。
同じ重さならばダウンの二倍の保温性と云われるほど。

裏地にはふわりとした質感で、目にも肌にもあたたかいコットンフランネルを採用。

いや、語弊がありました。
裏地というのは正確ではございません。

つまりはこちら、リバーシブルとなっています。


コットンフランネルの面にも、ちゃんとポケットが設けられています。

ブランドのタグや洗濯表示も、ポリエステル面のポケットの中に隠されていますので、実質表裏はないと考えてもよいでしょう。

この袖口のスナップが気になりますが、ひとまず置いておいて次の商品紹介へと進みます。

一昨年、そして昨年も大好評いただきました、冬の新定番サザンカコート。
今年もやって参りました。

今年は襟が若干小ぶりに変更され、ニットメルトンもやや柔らかい質感となっています。

とはいえ、チンストラップを用いればスタンドカラーとしてしっかり機能しますし、防寒性もそのままです。

裏地にはすべりのよい生地が使用されています。

全体的に優しく上品な佇まいですので、オンオフ問わず役立ってくれることでしょう。

ところでこの前立ての裏のスナップ。

先述のキルトウォーマーの前立てと同じ規格でつけられておりまして、両者は合体可能です。

先ほどの袖の謎スナップは、サザンカコートの袖口裏と合致します。

なおこのサザンカコート袖口スナップ、以前はそのまま露出していたため、場合によっては若干手に当たることもありました。
今季はそこが改善され、より安全な仕様となっています。

サザンカコートは単品でもじゅうぶんに暖かく、南関東の冬程度なら(例年通りであれば)それだけで通用します。
そしてキルトウォーマー2も、スナップを使わなくともさまざまなコートのライナーとして、冬から初春にかけて大いに役立ってくれるはずです。

セットとして考えるもよし、別々のものとして考えるもよし、どうであってもきっとそのご要望にしかと応えてくれることでしょう。

どちらも男女サイズを揃えてご用意しています。
是非晩秋から冬の備えとしてご検討ください。

オンラインストアはこちらです→
キルトウォーマー2 ベージュ/ ネイビー/ ブラック
サザンカコート ダークグレー/ ネイビー


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です