FACYにて公開された私的プレイリスト各曲を簡単にご紹介します

お馴染みFACYのプレイリスト企画、今回は4店舗合同です。

セレクトショップ謹製、「休日」に聴きたいプレイリスト。- FACY MEN

世が世ですから連休とはいえヤッホウ遊びに行こうぜとはなりづらい今年のGW、せめて音楽で気分を盛り上げようと編集部からオファーをいただき、当店は『妄想ドライブミュージック』を提供致しました。

今回はFACYの記事中に各曲解説はありませんので、簡単な紹介文をこちらのブログに載せておきます。

1. Wouter Hamel/ Details

オランダのジャズミュージシャン、ウーター・ヘメル。
毎年天候に恵まれるGWの休日気分そのもののような楽曲を、冒頭に選びました。

2. 鈴木茂/ Lady Pink Panther

目を閉じればそこに浮かぶのは大人のリゾート。
アダルトで、肩の力の抜けた、洒脱な一曲です。

3. UA/ HORIZON

かなり初期の作品で、まだコクの出ていない若かりし頃の歌声が、若葉の季節にぴったり。
当時は藤原ヒロシがプロデュースしていました。

4. Char/ Shinin’you, Shinin’Day

イントロから初夏の風が抜けます。
ロックのイメージの強いCharの、別の魅力がよく出た佳曲。

5. Mackey Feary Band/ A Million Stars

ハワイアンAORの代表格バンドKalapanaのメインボーカルだったマッキー・フェアリーのソロ作品です。
ハワイの夜を駆け抜けるような、アーバンでメロウな音がたまりません。

6. Browning Bryant/ Liverpool Fool

アラン・トーゥサンのプロデユースの下で手掛けられた、爽やかさ極まる一曲。
ブロウニング・ブライアントは当時まだ16歳で、アイドル的な立ち位置で活動していたみたいですね。

7. Nohelani Cypriano/ Lihue

暖かくなるとハワイナンAORが聴きたくなります。
歌手として、キーボード奏者としてハワイでは名高いノヘラニ・シプリアーノの代表曲。

8. 小島麻由美/ 恋の極楽特急

小島麻由美はいま改めて再評価されるべきミュージシャンの一人だと思います。
なかでもポップなメロディが病みつきになるこの曲は、気候の好い今の季節には最高です。

9. King James Version/ I’ll still love you

軽やかな曲が続いているので、ちょっとテンポを変えてみました。
ブッダ・ブランドの『人間発電所』のサンプリング元ネタとして知られる曲ですが、それだけで留めておくには勿体ないですよ。

10. Lemuria/ All I’ve Got to Give

またまたハワイアンAOR。
ジャンル名は知らずとも、レムリアは知っているという方は少なくないのでは。
軽快さとメロウネスの見事な融合です。

11. Oh! Penelope/ I’m Gonna Miss You

オー!ペネロープは、<詩人の血>解散後に元メンバーの二人で結成したユニットで、いわゆる渋谷系とは似て非なる独自のポップスを作っていました。
活動期間は短く、アルバムも一枚しか残していませんが、しっかり作り込まれたポップスらしいポップスの魅力は色褪せません。

12. Original Love/ I Wish

東芝EMI時代のオリジナル・ラヴの素晴らしさについてはすでに他の記事でも語っていますが、語り尽くせません。
何かが終わったときのような、寂しさのようなそうでないような、とても不思議な気持ちを喚起するこの曲で、プレイリストを締めくくるとします。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です