長い間 待たせてごめん ~ Ithe/ No.28-48-HTO

一昨年の初登場以来、絶大な人気を誇るItheのTシャツ、No.28-HTO

もともとはItheチームと当店店主が個人的に着たい日常使いのTシャツとして共同企画したものでしたので、これほどまでに多くの方にご支持いただけたことに驚きながらも、とてもうれしく思います。

もちろん今年も入荷予定ではありますが、それに先んじて新型、待望の長袖バージョンが届いています。

ごわつかず、絶妙な厚みと密度を備えた透けにくい生地に、ほどよく開いた共生地のバインダーネックなど、袖の長さ以外はすべて半袖モデルと同じ仕様となっています。

1980年代のヘインズをサンプリングした、裾と袖口の天地引き縫い。

ステッチが目立たず、また強度にも優れていますが、特殊なミシンが必要なうえ縫うのが難しいため、いまではあまり見られなくなった縫い方です。

一般的なTシャツにくらべ、やや低い位置につけられた洗濯表示タグ。

裾を出したときにパンツにかかるため、脇にチクチクと当たりません。

なお、このタグはブランドタグも兼ねています。

これは、襟裏にブランドタグをつけると着心地を損ねてしまい、またプリントで代用すると透けてしまうため。

こうした細やかな気遣いも、このTシャツの高い完成度を構成する大事な要素です。

パックのデザインは今季ちょっとだけリニューアルしました。

白の無地Tですから、もうどう着るとか考えるまでもありませんが、たとえばKIMURAのnarrowing cardiganとの相性なんて、抜群の極みです。

毎回すぐに完売してしまうシリーズにつき、かなり大量に仕入れてはいますが、油断はなりません。

まだ朝晩など肌寒い日も多い春~初夏にうれしい、最強のサポートアイテムです。
すでにNo.28-HTOをお持ちの方も、未体験の方も、どうぞ一枚お手元へ。

オンラインストアはこちらです


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です