孤独なSilhouette 動き出せば それはまぎれもなく ヤツさ ~ Post Production/ Cobra Vamp

暖かくなってくれば自然と足元も軽くなり、となるとローファーはじめ軽快なスリップオンタイプの革靴がより魅力的に映ってきます。

当店でスリップオンといえばPost Production。
今回ご紹介する新作は、一見した限りでは定番のRe-luxに似ているようで、実はまるで違う靴です。

アメリカントラッドの世界では何十年にもわたり長く愛され続けているコブラヴァンプ。
とはいえ、若い方だと名前すら聞いたことがないかも知れませんね。

Post Productionのディレクターである甲斐さんはまだかなり若い人で、当店店主とは一回り以上齢が離れています。

ですから、美的感覚こそ近くとも、情報に対する世代感はだいぶ違っていて、このコブラヴァンプに対する認識も「おっちゃん靴というカテゴリーに入れられそうな」というものでした。
そのオールドスタイルなデザインを、Post Productionのフィルターを通して再構築する…というのがこの靴に込められた意図です。

その名の由来となった、角ギリギリのところで独特のカーブを描くモカ縫いは、意図的に粗いステッチで仕上げられています。

甲の部分はパキスタン原皮の山羊革で、他の部分のカーフの肌理細かい艶とのコントラストが生まれました。
このタンニン鞣しされた山羊革は、一般的なそれに較べ肉厚で剛性が高く、しなやかな柔らかさは愉しめながらも、それほど気を遣うことなくおおらかな気持ちで使えるタフなものです。

ソールの接合は、Post Productionで主に用いられるマッケイ製法ではなく、剛健でどっしりとした安定感が持ち味のグッドイヤーウェルテッド製法を採用しています。

一方でヒールは一般的なメンズ靴よりやや高めの2.5cmに設定され(ソール+ヒール高は3cm)、

接地面に向かって窄まっていくシルエットもあり、力強くなりすぎないバランスに中和されています。

堅めのつくりであるグッドイヤーウェルテッド製法ですが、レザーソールにはラバーの半貼りが施されていませんので、屈曲性はそれなりにあります。

トップリフトもレザー(後部のみラバー)です。
コツ、コツ、という足音が心地好いんですよね。

なお、この靴に用いられている木型はRe-luxと異なり、比較的足に厚みのある方向けです。
ただし捨て寸が短く、土踏まずのカーブもやや強めに設定されているため、人によってはRe-luxより1サイズ上げた方がしっくりと収まるかも知れません。

決して万人向けではありませんが、相性がぴったりと嵌れば心の底から愛せる、そんな愛嬌ある靴です。
まずは一度お試しを。

オンラインストアはこちらです


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。