それを愛と呼ぶなら ~ HAVERSACK ATTIRE/ ウールカシミアビーバーブレザー

旧い話になりますが、5年前のFACYの座談会記事で、店主は上等なネイビージャケットの有用性について軽く話しました。

もちろん当時よりいろいろと考え方はアップデートされてはいるものの、いまもそれほど大きく認識はは変わっていません。

しかし、ネイビーのジャケットと括っても幅が広く、これぞズバリといった雛形があるようでないのも事実です。

たとえば「紺ブレ」。
すなわち紺のブレザー、つまりネイビージャケットの一種ですが、これももある程度の定義はあれど、その構成要素すべてに則っていないものはそう呼んではいけないなんて偏狭な話をしはじめたところで、不毛なだけでしょう。

何にしても、一番大切なのはその服が素敵かどうか、そして着る人の気分がよくなるかどうかですよね。


厳密な定義はさておき、HAVERSACK ATTIREの新作は、ブレザーというものに対するハバーサックの回答と呼べる一着です。

ウール+カシミアのビーバークロスは、毛並みが美しく、肉感豊か。

裏面に至るまで丁寧な仕事が見て取れます。

それだけでもちろん上等なジャケットは完成するわけですが、そこはハバーサック、ひと手間は忘れません。
ただ、今回は足し算ではなく、引き算によるデザインが施されています。

ブレザーならではのディテールである背面のフックベントは無くなり、

胸ポケットは外され、

両脇のポケットもパッチタイプではなく2mm幅の両玉縁に変更されました。

そして前立ての金ボタンは無刻印かつひとつだけ(通常は三つボタン段返りです)。

袖口のボタンも左右ひとつずつまで省かれています。

こうして、もともとのトラッドの匂いや温かみが意匠ごと削ぎ落され、ともすれば冷たさすら感じるほど抑制されたブレザーが生まれました。

肩のラインがとりわけ美しく、身にまとったときの流麗なシルエットは、是非一度体感していただきたいところ。

ベーシック、オーソドックス、トラディショナル、たしかにそうした理解しやすい枠からは一歩はみ出しています。
ブレザーたる要素を削りに削っていますので、ひょっとしたら正式にはブレザーとも呼べないかも知れません。

けれど、それでも間違いなく、長く長く愛せる最高の相棒にはなってくれることでしょう。

オンラインストアはこちらです


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。