メディア掲載のお報せ ~ NIKKEI STYLEにて店主登場しています

畏れ多くも、NIKKEI STYLEにてえらそうに講釈を垂れ流すさまが公開されました。

大人は「小技」に走らない 余裕のジャケパンスタイル – NIKKEI STYLE

ここで着用しているKESTIN HAREのSTAC BLAZERとcomm. arch.のニットについて、もう少し詳細を。

肉厚でしなやかなコットンモールスキン(だと思います…)を用いた、一枚仕立てのジャケットです。

ワークジャケットをベースにしてあるだけあって合理的な設計となっており、ポケットは、手を入れやすい角度に設定されています。

袖は若干長めに設定されていますが、折り返すこともできるようになっています。

記事本文中でも店主は折って着用しました。

今の時期は勿論、春先まで長く着られる一枚です。

なお、店主の伝え方がまずく本文中で
「コットンのジャケットにハイゲージを合わせてしまうと、どうしても寂しい印象になってしまう」
とありますが、これは公開時期(12月中旬になる可能性がありました)を想定して喋ったもので、少し寒々しいのでは、ということを言いたかったのですが、言葉不足でした…
相性自体はまったく悪くありません。
秋や春であれば、むしろハイゲージニットとの組み合わせはお薦めです。

本文中で着用したモックネックセーターはまさにこれからの時期に最適。

南豪ビクトリア州ジロン地方で採れるジロンラムの細い羊毛のみを用いて、カシミア用の紡績を行うことで繊細な肌触りを実現しました。

ゆったりしすぎずタイトすぎず、実に使い勝手のよいバランスで、ついつい出番も増えることでしょう。

delightful tooでオーダーした靴を除き、現段階で着用商品はすべてまだ購入可能です。

オンラインストアはこちら。
KESTIN HARE/ STAC BLAZER(色違いはこちら
comm. arch./ Hand Framed Mock B.B.(色違いはこちら
blanc/ west-point(wide)(色違いはこちら


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です