目を閉じておいでよ ~ Handwerker ASEEDONCLOUD/ HW blind hunter trousers

まるで見当違いの場合もないわけではないが、その人の風体を見ることのできぬ私どもは、その音声によってその人の職業を判断して滅多に誤ることがない。
弁護士の声、お医者さんの声、坊さんの声、学校の先生の声、各々その生活の色が声音の中ににじみ出てくる。偉い人の声と普通の人の声とは響きが違う。やはり大将とか大臣とかいうような人の声は、どこか重味がある。
年齢もだが、その人の性格なども大抵声と一致しているもので、穏やかな人は穏やかな声を出す。ははあ、この人は神経衰弱に罹っているなとか、この人は頭脳のいい人だなというようなことも直ぐわかる。概して頭を使う人の声は濁るようである。それは心がらだとか不純だとかいうのでなく、つまり疲れの現れとでもいうべきもので、思索的な学者の講演に判りよいのが少く、何か言語不明瞭なのが多いのがこの為ではないかと思う。
同じ人でも、何か心配事のある時、何か心境に変化のある時には、声が曇ってくるから表面いかに快活に話していても直ぐにそれとわかる。初めてのお客であっても、一言か二言きけば、この人は何の用事で来たか、いい話を持って来たのかそれとも悪い話を持って来たか、何か苦いことをいいに来たかというようなことはよくわかるものである。また肥った人か痩せた人かの判断も、その声によって容易である。例えば高く優しくとも肥った人の声は、やはりどこかに力があるものだ。
声ばかりではない、歩く足音でそれが誰であるかということがよくわかる。家の者が外出から帰って来たのか、客であるか、弟子であるか、弟子の誰であるか、大抵その足音でわかる。道を歩いていても、それが男であるか女であるかは勿論、その女は美人であるかどうかもやはり足音でわかる。殊に神楽坂などという粋な筋を通っていると、その下駄の音であれは半玉だな、ということまでわかる。それは不思議なくらいよくわかる。ところが、この間道を通る人の靴音をきいて、傍の家人に今のはお巡りさんかと尋ねてみたら、「いいえ女学校生です」とのことであった。この頃の女学生は活発な歩き方をするので、私の耳も判断に迷うことがある。

宮城道雄『音の世界に生きる』

我々晴眼者は自分で思っている以上に視覚に重きを置いているようで、聴覚や味覚など、目ではない器官を用いているはずでも、その判断には目から入る情報が少なからず反映されています。

では、一度視覚をシャットアウトした状態になるとどうなるのか。
それを体験させてくれるのがダイアログ・イン・ザ・ダークです。

照度ゼロの真っ暗闇の空間のなか、特別なトレーニングを積んだ視覚障害者がアテンドとなって参加者を案内します。
ここでは一切の視覚に頼ることができません。ゆえに、聴覚や嗅覚やふだんと違う発想をもとに新たなコミュニケーションを探ることができます。

1988年、ドイツの哲学博士アンドレアス・ハイネッケ氏の発案によって誕生したこのソーシャルエンターテーメントは、世界50か国以上で開催され、900万人を超える人々が体験しているそうです。
我が国では1999年から行われており、東京竹芝のダイアログ・ダイバーシティミュージアム「対話の森」で体験が可能となっています。

日本でのダイアログ・イン・ザ・ダークにて長年アテンドを務め、現在はダイバーシティラボの首席研究員としても活躍している檜山晃氏は、”盲点ハンター”の異名を持つ人物です。

見えているつもりで見えていないのが盲点。
生来目の見えない檜山氏は、目で何でも見えているつもりの我々の本質的な盲点を、さまざまな方法で気づかせ、思考の広がりに導きます。

そんな檜山氏のためにHandwerkerが制作したのがHW blind hunter trousersです。


語りどころの多い一本ですが、まずは素材から見ていきましょうか。
イージーパンツではあまり使われないインディゴのデニム、とはいってもただのデニムではありません。

生地の裏面を深く起毛した、いわば裏起毛デニムです。

これは秋冬用なので保温性を高めたというだけでなく、服の表裏を触覚だけで瞬時に判別できるというメリットがあります。

敢えて打ち込みをやや甘くしているため、一般的なデニムに較べ柔らかく、穿きやすいのも特徴と言えます。

生地のみならず、前後も触って判別できるデザインです。

スモーカーである檜山氏のために、フロントのポケットにはたばこが収まるようになっています。

ヒップポケット開口部は手の出し入れがしやすいよう斜めに。

ウェストは紐ではなくバックルで留める仕様で、これもただのバックルではなく、磁石を使ったFIDLOCKを採用。

左右から引っ張る力には非常に強く、しかし縦にずらすとすっと抜けます。

言うまでもなく日常生活には白杖が必要ですが、たとえば食事中など、置き場に困ることがあることがあるそうです。
立てかければ倒れてしまったときに探しづらく、膝の上に置くのは煩わしい。

ということで、ふくらはぎの脇に白杖用ポケットが設けられました。

このきゅっと絞られた裾にも意味があります。
視覚情報がないと、パンツを穿く際に裾を踏んでいないか意識せざるを得ないとのことです。
そのストレスを軽減すべく、裾幅を狭くし、また端の部分の生地を二重にして硬くすることで踏みづらくしています。

目の見えない人のための設計ではありますが、もちろんそうでなくともファッションとして十二分に活用できるパンツです。

而してこの服を生活に取り入れることで、いつもと違う何かしらの視点が得られるかも知れませんよ。

オンラインストアはこちらです


心のYOROIは 暖かくはないさ ~ tilt The authentics/ WPCA Barathea Armor Coat

実際の本格的な出番はまだもう少し先とはいえ、さすがに11月も半ばを過ぎて、コートを各種比較検討されている方が増えてきているようです。

やはりそれなりに価格のするものですから、じっくり考えて、試して、ほんとうに気に入った一着をお買い求めいただきたいもの。

その有力な候補として、自信をもってお薦めできるのがこのコートです。


華美なわかりやすさはないものの、一度触って、そして袖を通せば、体がはっきりと違いを感じる、それこそがtilt The authenticsの服の特徴と言えます。

まず生地から見ていきましょう。

ウールをベースに、和紙とカシミアを配合したバラシア。

バラシアは一般的にはウールのみで構成される生地で、特殊な織りによる表面の粒子状の綾目が特徴です。通常タキシードなどの礼装用の服に用いられます。
本来の名称をアーマー織りといいまして、Barathaというのはもともとはこの織りのネクタイ生地についていた商標だったとか。
西洋の鎖帷子に表面の質感が似ていることから、”鎧”を意味するフランス語armureからそう呼ばれるようになったと云われています。

耐久性が高く、皴になりにくい織りで、この組織に和紙とカシミアを加えることで、しなやかさと独特の乾いた肌触りを生み出しました。

裏地にはやわらかいキュプラコットンを採用。なお、袖裏は滑りのよさと吸湿性に優れたキュプラ100%の生地を用いています。

充実の裏ポケット。

と、ここまでなら単に上等な(素材の配合が変わっているだけの)コートですが、さらに半捻りひと捻りを入れてくるのがtiltです。

まず言及せねばならないのがこの真四角のポケット。

マチが設けられた立体的な構造で、シンプルなコートに心地好いノイズをもたらしてくれています。
不協和音も、使い方次第では協和音にはない美しさが生まれますよね。それと同じことです。

袖はハンティングウェアを彷彿させるピボットスリーブ。

運動性に優れた構造で、コートにして自由な肩回りの動きが可能となりました。

袖口もご覧ください。

ウールのしっかりしたリブが装着されており、冷風の侵入をシャットアウトします。

このように、じっくりと眺めていると次々に発見があるコートです。

もちろん、着用時の美しさ、かろやかな着心地は、そこに定評あるtiltですから言うまでもありません。
袖を通せば思わず声が出てしまうことでしょう。

世知辛い世の中に身も心も冷たく固くなってしまいそうな昨今です、せめて外気だけは作り手の気持ちの込められたコートで、やさしく暖めてあげたいものですね。

オンラインストアはこちらです


ラスティ・メン ~ EEL Products/ RODEO COAT

黄色く染まった街路樹の葉が辺りを彩っていたのもほんの束の間、あっという間に舞い散って、景色が急に晩秋の様相を呈してきました。

気温の体感には個人差があるものですが、肉厚のウールの上着の存在感がじわじわと高まってきますね。


コーチジャケットのような形状に、FILSONのマッキーノクルーザーを彷彿させる赤黒のバッファローチェック。そしていかにも”西部”なRODEO COATの名。
アメリカンカジュアルとは縁遠い当店ですから、新鮮な印象ではないでしょうか。

もちろんEEL Productsが手掛け当店に置かれるわけですから、単なるアメリカンアウトドアな服には収まっていません。

生地はナイロンで補強したウール。心強い重厚感だけでなく、程よいやわらかさを備え、都市部でも着やすいものです。

滑らかなキュプラの裏地によって、着心地や防風性が向上しています。

面白いのがポケットで、通常のハンドポケットの脇に、ファスナー付きのポケットが並んでいます。

落としたり抜かれたりするリスクのある貴重品はこのファスナー付きのほうに収納し、ハンドポケットは手を入れるのに専念させるのがよさそうです。

と、ちょっとしたギミックも含め、全体としてEELらしい一着に仕上がっています。

アメカジは着ないな…という方も、騙されたと思ってまずは一度お試しください。

オンラインストアはこちらです


リッスン・トゥ・マイ・ハート ~ moncao/ wool polyester silk boa jacket

ここ数年はパタゴニアのレトロXをはじめとしたいわゆるフリースジャケットが新品・古着ともに人気なようです。

20数年前もユニクロのフリースが大ブームとなりましたが、特有の風合いをもち、軽く暖かく取扱いが楽なこの素材は、時代ときどきの流行りはあれど、そこに完全に流されるのことのない普遍的な魅力を備えています。

このフリース、語義としては「羊一頭分の羊毛」を意味しますが、一般的にはポリエステル(PET)製です。
もとはウールのセーターに対する不満から生まれたと云われており、化学繊維ならではの長所をもって世を席巻しました。

しかしそれから40年近くの時が流れ、化繊は必ずしもメリットばかりの側面を語られるものではなくなり、アウトドアのシーンでもウールの機能性が見直されてきています。
天然素材にしても化学繊維にしても、素材の進化は日進月歩です。

ですから現代に生きる我々は、どちらがいいという視点ではなく、目的(それは単なる機能の話に留まらず)に対して望ましい素材は何ぞやと改めて考えていくべきでしょう。


このジップブルゾンは、moncaoからのフリースジャケットに対する回答と言えそうです。
アウトドアを聯想させる要素は削ぎ落した、都市生活を営む大人のための一着となっています。

毎年秋にごく少量のみ入荷、かつつねに完売しているため当店のお客様のなかでも依然として認知度の低いブランドですが、その実力は大したもの。

とくに素材の扱いに関しては、目を見張るものがあります。

ウール、ポリエステル、そしてシルクをブレンドして編みたてられたフリースは、化繊のみで作られたそれにくらべ、はるかにしっとりとした官能的な肌触りです。

着丈がやや長く、比較的ゆったりとしたシルエットですが、野暮ったいもたつきは微塵も感じさせません。
こうした目立たないバランス取りにとても優れたブランドでもあります。

本体の生地のみならず、ファスナーの引き手の選定にまで丁寧な仕事が見て取れます。

フルオープンジップですので、気温やほかの服との合わせ、気分などによってお好みのまま調節してください。

色や形に派手さはないものの、店頭でも「おっ?」とご反応いただくことが多いジャケットです。
気になる方は、どうぞいまのうちにお試しを。

オンラインストアはこちらです


秋になっちゃった ~ HAVERSACK/ クレイジーグレンチェックツイードスラウチジャケット

夕方5時も過ぎればもう夜かのような日の短さに、秋の深まりをしみじみ感じるきょうこのごろ。

気分としての秋でなく、体感としての秋に馴染む服の出番です。
たとえばそう、ツイード…。


英国産の羊毛を使用して織り上げた生地は以前提案したジャケットのツイードほどは硬くなく(あれはあれで素晴らしいものでしたが)、軽くゆとりのあるボキシーなシルエットも相まって、とても着やすい一枚に仕上がっています。

一見するとおとなしめなグレンチェックのようで、実は柄の大きさの異なる2種類の生地を接ぎ合わせているクレイジーパターンというのに気づかれましたでしょうか。
実に小憎いですね。

裏地はコットンナイロンの高密度タイプライターに洗いをかけた生地。
防風性が高いだけでなく、そのぱりっとしたハリでジャケット自体にふっくらしたボリュームを付与してくれています。

先の写真のようにテーラードジャケット的に着るだけでなく、ボタンをすべて留めてスタンドカラージャケットとしても愉しめます。
気温や気分で使い分けてください。

前述の通り比較的ゆとりのあるフィット感ですから、中にしっかり着込めばちょっとしたコートの代わりにもなり、秋に限らず活躍するであろう一枚です。

すでにサイズが欠けてきていますので、気になる方はお早めにどうぞ!

オンラインストアはこちらです


アイデン&ティティ ~ ASEEDONCLOUD/ Kiokushi pull on knit

ここではないどこか。
その土地に暮らす人びとは、”記憶の保管庫”に大切なものをしまい、ときにそこで思い出を振り返るそうです。

“記憶の保管庫”に保管されている思い出の品には、それを辿ることができるよう地図が添えられています。
その地図を作っているのが、4人の”記憶士”です。

彼らはそれぞれ東西南北に分かれ、記憶の保管庫に残された品をもとに、馬に乗ってその場に向かい、少しずつ地図を埋めていきます。

馬に跨り、目的地に向かう。
彼らが正装するのはその場面と聞きます。

そして現地に到着し、下馬して”記憶”を拾い集め、地図を描く、そのときは一種の作業着を身に纏うとのこと。



作業着と言ってもいわゆるワークウェア的な服に限りません。
このKiokushi pull on knitも、彼らからすれば合理的な理由を持っています。

目を惹く編み柄は、マジャル人がかつて着ていたブラウスの刺繍をもとにしています。

マジャル人、すなわちハンガリー人のことですが(現在でもハンガリーは自国をマジャロルサーグMagyarország、あるいはマジャルMagyarと称しています)、現在では定住しているとはいえ、もとを辿れば遊牧騎馬民族です。

元始、ウラル山脈(現カザフスタン~ロシア)の南西部の草原に暮らしていたようで、夏は家畜を連れて遊牧し、秋から春にかけて冬営地で農耕を行う半遊牧生活を送りながら、より住みよい土地を求めて西へ西へと移動していきました。
5~6世紀ごろアゾフ海北岸に到達、その地でトルコ系ブルガール人部族オノグルOnogur(10本の矢を意味するそうです。10部族によって構成されていたことからそう呼ばれたとか)と接触し、混交し一体化していきました。
なお、このオノグルが訛って伝えられてハンガリーという呼び名が生まれたと推定されています。
黒海北岸からバルカン半島を経由して、10世紀ごろハンガリー平野に到達。当時はその持ち前の強力な騎馬部隊で東中欧各地にて略奪を繰り返し、同時期に北の海岸で猛威を振るったヴァイキングと並び恐怖の対象とされていたようです。

歴史的に多くの民族と交わり、文化的影響のみならず混血も繰り返されていますが、それも遊牧民族のアイデンティティのひとつと言えるでしょう。

そういえばハンガリーはいまも乗馬の聖地と云われており、観光資源として重要な資源と位置づけられています。
これもまたマジャル人の国ならではですね。

そんな遊牧民族ですから、かつては必然的に荷物も少ない状態で生活せねばなりませんでした。
そのため、服に刺繍などの意匠を施すことで、一種の身分証としての役割を持たせたと云われています。

話を戻すと記憶士たちは馬から降りて辺りを散策するとき、動きやすい軽装となりますから、移動時の出で立ち(正装)と違って、現地の人からは何者なのか判断がしづらいなんてこともままあるというのは、想像に難くありません。

そのため、この複雑な柄が彼らの身分を証明する手がかりとして役に立つわけです。

なお、素材はオーストラリア産の若羊の毛とタスマニア産ファインメリノをブレンドしたウールに、綿、アクリルを加えたもので、ふっくらとした質感ととろんと落ちるような心地好い重さを併せ持っています。
望ましい防寒性は備えながらも、暑くなりすぎず、快適に”記憶”拾いを行うことができます。

決して定義通りの「機能的な服」でなくとも、ときにはそれ以上に機能的な服たりうる、そうした視点の重要性に気づかされるニットですね。

オンラインストアはこちらです→ オフホワイト/ グレー


そして君のベッドに サルビアの紅い花 しきつめて ~ Olde H & Daughter/ BK003 CASHMERE V NECK KNITWEAR

お昼は少し暖かく過ごしやすいものの、朝晩はだいぶ冷え込むようになってきて、11月を実感します。

ほぼ秋物で占められていた店頭には、来たる氷の季節に向けて少しずつ冬物を挿しこみ始めました。

さすがに秋には暑くて着られず、探す方などほぼいなかったカシミアやモヘアも、ついに出番が訪れようとしています。


昨年の冬もご好評いただいたOlde H&Daughterのカシミアニットに、心弾む新色が登場しました。

夏から秋にかけて咲き、気温の低下とともに色の冴えを増すサルヴィア。

仲町台が世界に誇るサカタのタネサイトでも豊富な種類を確認することができますが、その赤みは、軽快というよりもやや重さを感じるものです。
しかし、光の和らぐ秋冬にはこの色の強度が実に見事に調和します。

この色も、厳選された高品質のカシミアだからこそ。

カシミアならではのしっとりとした肌触りは言うまでもなく、これをたっぷりと使い高密度に編みこむことで、豊かな肉感が生まれています。
また、毛玉ができにくい(出来上がる前にすぐ落ちてしまう)のも特筆すべき点です。

Vネックの開きは、狭くはないものの深すぎもせず。
素材の艶めかしい官能性が、淫靡に陥るぎりぎり手前まで引き出されました。

袖と裾のリブは比較的長めに設定されています。
袖口のリブは折り返して着るのもよいでしょう。

このブランドでは毎度のことながら、タグに値札が縫い付けられていますので、着用前には忘れずに糸を切って外してください(通信販売でお買い上げいただいた場合は、外して同梱のうえ発送致します)。

もちろん決して気軽に手に取れる価格ではありませんが、それだけの、いやそれ以上の価値のある極上品です。

先日『Them magazine』誌上でも昔から愛用している私物をご紹介した通り、いいニットはケアにさえ気を遣えばとても長持ちしますし、それはこのセーターに関しても例外ではありません。

美しい色は精神を歓喜させ、快い着心地は肉体を歓喜させてくれます。
その悦楽を、日々の生活に。

オンラインストアはこちらです


メイド・イン・ヘヴン ~ tilt The authentics/ CWSW Soft Brushed Shark Jacket

とかくジャケットが豊作な今季、各ブランドからとびきりの逸品が続々と届いているなか、ただならぬ存在感を放射しているのがtiltの新作です。



「オーセンティックなものを傾ける」、そのブランド名の通り、わかりやすい意匠ではない形でのデザインワークが遺憾なく発揮されています。

生地は上等なウールのフランネル…と思わせて、さっそく変化球。

見た目では判りませんが、実は半分くらいがコットンで構成されたシャークスキンです。
コットン、ウール、さらにセーブルがくわえられたスペシャルな配合で、織り上げられたのちブラッシング処理で軽く起毛させています。

ちなみに、セーブル(黒貂)の毛はカシミアより繊維が細く滑らかな肌触りをもち、また内部に気泡を有するため軽く暖かいという特性を備えています。

日本でも奈良時代くらいから高級品としてその毛皮が朝廷、貴族らに珍重されていました。
かの『源氏物語』でも、末摘花がその毛皮に香を焚き染めて着用しているさまが描かれ(「表着には黒貂の皮衣、いときよらにかうばしきを着たまへり」)、没落前の栄華を仄めかしています。

この生地を贅沢に用いて、着丈と身幅をたっぷりととったバランスで仕立てられました。
純然たるジャケットというよりショートコートに近い感覚とも言えます。

裏地は光沢の少ないキュプラコットンです。

また、表からは見えない点として、襟裏と両脇のパッチポケットの内側には、カシミアウールのビーバークロスが当てられており、とくにポケットに手を入れたときにそのとろけるような肌触りと抜群の保温性に、つい頬も緩みます。

敢えて開きを省略した筒状の袖口や

ベントのない背面からは、このジャケットがクラシカルな紳士服の文脈からずらして設計されているのが見て取れます。

なお、このジャケットを仕立てたのは、紳士服の工場ではなく、女性服専門、それもプレタポルテを主とした洋装店です。
先日の英国女王の国葬にて我が国の皇后陛下がお召しになったジャケットを仕立てたという実績も、その高い技術を物語っています。
メンズの服なのにマッチョさがまったく見当たらないのは、デザインのみならず、そうした背景もあるのかも知れませんね。

まあ、そうした情報はひとまず頭の片隅に置いて、無心な状態で袖を通していただくに限ります。
その着心地、肉体を重ねたときの美しさ、どこをとっても超一級品であるのは、理屈抜きにご理解いただけるはずですよ。

オンラインストアはこちらです→ インクブラック/ ネイビーブルー


風吹く丘の少年 ~ EEL Products/ 少年パンツ & HOME COAT

あっという間に10月が終わろうとしています。

表の街路樹を見やれば、秋の盛りもすぐそこまで近づいてきたようです。

今年は社会的な状況もあって全体的に納期が落ち着かないとはいえ、それでもこの季節にちょうどいい服が続々と届き、店頭を彩ってくれています。

EEL Productsからは、もう10年ほど愛され続けている定番・少年パンツが、新たな生地を装ってやってきました。





程よく硬さを感じるほどハリのある高密度ウールギャバジンは、形状安定性や耐久性が高いだけでなく、冷風を通しづらく、秋冬に最適です。

この生地の特性にくわえ、裾までポリエステルの裏地が張られていますので、見た目以上の防寒性能を発揮します。

腰回りから太腿にかけてゆとりがあり、かつ裾丈が短いため、男性用でありながら女性でも着やすく、実際に女性のご愛用者は少なくありません。
発表から年月を経たいまもなお、輝きの衰えぬ傑作です。

さて、この高密度ギャバジンは可能性に満ちた生地でして、今回は同じ生地を使って、また違うアプローチの新型も登場しています。

それがHOME COAT。




似ているけど生地の雰囲気が何か違う…?そう感じた方はかなり鋭い。

そう、このコートは製品洗いが施されています。

それにより生地の角が取れ、最初から体に馴染んだような風合いが引き出されました。

そこまで厚手ではないものの、生地の密度の高さゆえ先述の通り防風性が高く、そのため中に着るものを調節すれば、秋~春にかけて長く使い続けることができます。
サイズ感はかなりゆったりしていますから、肉厚なセーターやインナーダウンも余裕で収めてしまいます。

少年パンツに並び、このコートも他にありそうでない「ちょうどよさ」の絶妙なバランスが、まさにEELの真骨頂です。
毎年のクローゼットのなかでついつい手が伸びる一着となることは、疑いないでしょう。

オンラインストアはこちらです→
少年パンツ セメントグレー/ ネイビー/ ベージュ/ オリーブ
HOME COAT ネイビー/ ベージュ/ オリーブ