niuhans ポップアップイベント開催のお報せ

日に日に秋の気配が色濃くなるなか、いっそう季節感を盛り上げる企画が実現しました。

来たる10/27(土)~11/4(日)、niuhansの2018AWコレクションを集めたポップアップイベントを開催します。

ふだんなかなかフルラインナップは仕入れることができませんので、niuhansの表現世界をより広く深く知ることのできる絶好の機会です。

さらに、10/28の13:00~17:00のあいだはデザイナーの濱田さんが在店、直接その服作りについてやいろいろなお話を聞けます。
短い時間ではありますが、是非ともお見逃しなく。

なお、これに先立ち、現在店頭にて過去のアーカイブ商品を販売しています。
こちらもイベント最終日までですので、併せてお楽しみください。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます!


“P”LUCK ~ LUCKY SOCKS/ プレミアムリブウールソックス2

出し抜けにどうでもいい話、店主は来月でいよいよ不惑を迎えます。

いつまでも小学生気分の抜けないまま肉体はおかまいなしに衰えていき、肌のハリは失われ、白髪もだいぶ増えてまいりました。

正直外見上の老化についてはあまり気にしていないものの、困るのが血行の悪さでして、若い時分は真冬でも足が熱くて眠れなかったのが嘘のように、このところ毎年冬は末端の冷えに悩まされています。

となれば手放せないのは養命酒と暖かい靴下。

そんな次第で店主は自店で取り扱っていないブランドも含めいろいろなブランドのウールソックスを試し続けているのですが、ここにきてお馴染みラッキーソックスから「ぼくもいるよ」とやってきた靴下に、すっかり魅了されてしまいました。

チクチク感など皆無の、ふわっとやわらかい肌触りがうれしいオーストラリア産エクストラファインウールでほどほどの厚みに編み立てられ、優しく、のびやかな履き心地が特徴です。

さすがに乾燥機は使えませんが家庭での洗濯も可能で、日常の生活の中で気兼ねなく楽しめます。

吸排湿性と保湿性のすぐれたバランスはウールならでは。
乾燥した気候でも快適な着用感を保ちます。

そして、ラッキーソックスといえばのあたりくじも健在。

帯の中に当たりを示す印があれば、もう一足差し上げます(品切れの場合はラッキーソックスさんへ直接ご連絡ください)。

どうしてもこのあたりくじばかりが注目されがちなラッキーソックスですが、継続展開中のコットン×和紙のモデルをご愛用いただいている皆さまならばご存知のように、実は靴下自体の性能がひじょうに高いのが最大の売りです。

同ブランドご愛用者様方も未体験の方も、是非この秋冬の友としてウールソックスもお試しください。

オンラインストアはこちらです


軽く目を閉じて 緩く指を組んで ~ niuhans/ Fine Gauge Wool Crew Neck Sweater

すっきり晴れたとしても夏日になるようなことはなくなって、少し冷えた風が肌に心地好い今日この頃。

まだ分厚いセーターは早けれど、ハイゲージニットの出番が増えてきた方は少なくないのではないでしょうか。

とりわけ無地のハイゲージは世の中に溢れるほど出回っており、どれも同じように見えてしまうものですが、ひと撫ですればその差は歴然。

どのみち流行云々は関係ないものですし、ここはシビアに品質を追求すべきでしょう。

niuhansならば、その期待以上に応えてくれます。

ほろ苦さと控えめな甘さを内包したチョコレートブラウンと、穏やかで静謐な深い紺、どちらも秋の気分を一層高めてくれますね。

ご覧の通り特に際立った意匠がない代わり、素材そのものの美味しさを全面に出したニットです。

スーパー140’s(繊維の太さが16.5ミクロン)という極細のウールを用いた糸を、世界に数台しか現存しないと云われるドイツ製機械でニットのパーツごとに編み立て、それらをひとつひとつ職人さんの手で接合して作られています。

そのとろみのある柔らかい手触り、弾性に富んだ伸びやかな着心地、すっきりとしたシルエットは、まさにハイゲージニットの本質そのもの。

老若男女問わず、長くご愛用いただけるはずです。

どちらの色も0(女性向けサイズ)から3(M~L相当)までご用意しました。

まずは店頭にて、その実力をお試しください。

オンラインストアはこちらです→ チョコレート/ ネイビー


ふたりに疲れてはひとりに戻り まただれか恋しくて また繰り返す ~ EEL Products/ 12月のアーガイル

名品の多いEEL Productsの服のなかで、あまり目立たない位置づけながらも実は評価が高いのがニットです。

ニットの名産地として知られ、またブランド自体とも深い縁りのある新潟県見附市。

EELのすべてのニットはこの町のとある工場で生産されています。

12月のアーガイル、そんなひと足早い冬の匂いのする名を与えられたこのプルオーバーもその例に洩れません。

少し大振りのアーガイルチェックが胴の上半分を覆う、ありそうであまり見ないバランスが、どこか懐かしさすら漂うこの柄に現代的な感覚を付与しています。

なお、この柄は背中も同様です。

前身だけにあしらわれることの多いアーガイルでは、意外に新鮮かも知れません。

あまり詰めずほどよく開いた襟ぐり。
中にはシャツを着て襟を見せるもよし、白いクルーネックTシャツもいいですね。

ニット自体は、とてもふんわりとした柔らかな手触りと、伸びのよさが心地好い着心地を生み出しています。

オーバーサイズではありませんが、気持ちゆとりがあり、先述の編地の特長も相まってリラックスした雰囲気を醸し出してくれます。

今の時期はもちろん、その名が示す通り凍てつく真冬も共に時間を過ごしたくなる、暖かく優しいニットです。

オンラインストアはこちらです→ ブラウン/ ネイビー


からすのパンやさん ~ CURLY/ CRUST EZ TROUSERS

秋が深まるにつれ、羽織りものやニットなどが気になる方が増えてきているようです。

それはもちろん自然なことではありますが、下半身の衣替えもお忘れなく。

CURLYから届いた新作CRUST EZ TROUSERSは、ふわっと温かな風合いだけでなく、見どころの多いパンツです。

素材はウールの織物のようで、実は高密度のポリエステルニット素材。

保温性が高く、軽く、のびやか。

ポリエステルですから家庭での洗濯は勿論可能で、毛玉もできにくいようです。

そして、何と撥水性まで兼ね備えており、陰鬱な冷たい雨も少しは穏やかな気持ちになれます。

この素材の特性を活かしたイージーパンツになっていますが、気楽であるという部分には振り過ぎないよう計算されています。

ウェストのドローコードは内向き。

コードが外に垂れませんので、シャツやニットの裾を出して腰回りを隠せばあまりイージーパンツ然として見えません。

ヒップポケットにはスナップボタン。

一方でイージーパンツらしさを感じるのが股下のガセットクロッチ。

これにより180度開脚が可能となりました。

そこまで脚を広げないよ…という方も、単に動きやすい構造と御認識いただければ幸いです。

パンツ自体はすっきりとしたテーパードタイプで、太くはなく、かといって細すぎもない、実に程よくスマートなシルエットが高い汎用性を生み出しています。

スポーティーな装いのみならず、上品な合わせにも対応し、秋冬を通して重宝することでしょう。

どこをとっても、CURLYらしさがぎゅっと詰まった一本です。

オンラインストアはこちら→ ブラック/ キャメル


もうひとりの俺 ~ HAVERSACK ATTIRE/ リバーシブルブルゾン

10月中旬らしくぐっと気温が下がった曇天模様の土曜日。

行楽には向かないまでも出かけるのに心地好いこんな日は、秋物衣料を探しに行くのに最適ではないでしょうか。

このブルゾンなんて、まさに今着たい一枚です。

まずは何と言っても、どことなく安土桃山時代を思わせるジャカードの柄が目を惹きます。

柄だけ見ると難易度が高そうですが、実はこの落ち着いた色目と柄の細かさゆえに、そしてすっきりしたシルエットも相まって、驚くほどすんなり装いに馴染んでくれます。

しかしながら、このブルゾンの特徴はここだけではありません。

エイヤっと裏返してみましょう。

全面に押し出された、シャンパンゴールドに近いサンドベージュのサテンに息を飲みます。

表面のジャカード側では抑制された色調として印象に残る紫色が、ここでは華やかな一面を覗かせてきました。

ただ、背中などにいわゆるスーベニアジャケット(スカジャン)のような刺繍などは入っていませんので、ワルの風体にはならず、大人の服としてのバランスは保たれています。

決して万人向けではないものの、生粋の服好きの方であれば気になってしまう、そして袖を通せば表面のインパクトに隠されたその本質に気づく、そんな通好みのブルゾンです。

まずは一度お試しを。

オンラインストアはこちらです


世界中の誰よりきっと ~ K.ITO/ ハイブリッドカーディガン

この秋の新星K.ITO(ケー・イトウ)。

まだブランド自体ほぼ無名の状態であるにもかかわらず、有無を言わさぬその実力に惹かれた方が続出、お陰様で初回入荷のカーディガンも完売間近となりました。

それに続いて、より秋冬感の増した素晴らしいカーディガンが入ってきています。

モデルごとに固有の名称を設けないブランドにつき、便宜上当店では「ハイブリッドカーディガン」と呼んでいますが、実際他に適切な表現が思い当らない、既成のジャンルに縛られぬ服です。

前身頃にはガンクラブチェック柄が温かな、ウールの織り生地を採用。

キュプラの裏地がついており、この時点でもはやカーディガンなのかジャケットなのかわからなくなってきます。

ここに柔らかくコシのあるフェイクスウェードのフラップがついたポケットも設けられ、ますますジャケット前としてきました。

その他はすべてニットなのですが、これも部位ごとにひと手間二手間かけられて目が離せません。

襟から前立てに伸びるパーツは、表面に見える部分はケーブル調に、

裏面となる部分はプレーンに切り替えて編まれています。

ボタンはくるみタイプです。

袖と背中は二色使いの両畦編み。

袖口のリブも部分部分で編みを変えています。

素材だけでなく、形状も一捻り。

前身頃がやや短く後ろが長い、アメリカのポロシャツのようなバランスが面白いですね。

これだけ諸要素を詰め込めばガチャガチャとうるさくなってしまいがちなのですが、すっきりとまとめてしまうところはさすがK.ITO。
声高な主張はなくとも、まっすぐに服そのもののパワーを感じさせてくれます。

若い方から大人の紳士まで、いえ女性でも。

服を楽しめるすべての方に強くお薦めしたい、極上の一着です。

オンラインストアはこちらです→ チャコールグレー/ ブラウン


ふるえるな 瞳こらせよ 復活の時 ~ Jens/ SHIRT(MEN)

レディースブランドでありながら、数少ない男性用のシャツが大好評のJens。
毎シーズン入荷早々に完売してしまう人気商品です。

この秋も、シャープなスタイルはそのままに暖かな素材を纏って再登場しています。

空気を包んだかのような軽く甘い色調のトップグレーと、

撮影したデジカメの問題か、それとも私の技術の所為か、モニターによってはチャコールグレーにしか見えないのですが実際は深い緑色のトップカーキ、

どちらも同じくタスマニアウールとカシミアを混ぜ合わせた強起毛の平織り生地で仕立てられています。

この優しい風合いの生地と好対照を見せるのは諸要素を削ぎ落とした鋭角的なデザイン。

前立て比翼の下以外のボタンはすべて本体共生地のくるみボタンとなっていて

また各所のステッチをほぼ隠した仕様は、シンプルと呼ぶにはあまりにもストイックなほど。

そんなともすれば禁欲的になりすぎそうなところにエロスの香気を立たせるのが、裾両脇で重なる深いスリットです。

非肉体性と肉体性の邂逅を、我々は今目の当たりにしました。

ここに前述のふんわりとした優しい生地の質感が合わさり、ますますこの服の妙味を複雑で奥深いものへ昇華しています。

秋から春にかけての至高の一着、是非ご検討ください。

オンラインストアはこちらです→ トップグレー/ トップカーキ


delightful tool セミオーダー会が始まりました!

本日より3日間にわたるdelightful toolの革靴セミオーダー会が始まっています。

天候にもちょっと恵まれすぎるくらい恵まれ、おまけに本日は仲町台の東京横浜独逸学園でのオクトーバーフェストも重なっているという、最高の仲町台行楽日和です。

きのう同じ通りを撮った寂寥感溢れる写真と大違いですね)

なお、今回は白楽の名古書店TWEED BOOKSさんのご厚意で、革靴関連の書籍、古雑誌をイベント期間限定で当店にて販売させていただけることになりました。

ますます革靴気分が高まること間違いないし、どうぞこの機会をたっぷりとご堪能ください!


やさしさだけじゃ生きてゆけない 強がりだけじゃ乗りこえられない ~ Handwerker ASEEDONCLOUD/ HW over coat

いつしか木々の色も乾いた秋色に染まりはじめ、一枚また一枚と散りゆく葉が店の前の通りを漸う彩る時候になって参りました。

週末は日本海側を通る台風の影響で暑くなるようですが、それも所詮は束の間の話、はや夏は遠くなりにけり。

そろそろ秋の外套を準備してもいい頃でしょう。

外套。
それが寒冷期ならではの愉楽であることは、かの憐れなるアカーキイ・アカーキエウィッチ氏を例に出さずとも共感していただけることと思います。

HandwerkerのHW over coatは、真冬というよりもその前後、すなわち今時期あたりに心弾ませてくれる一枚です。

やわらかい質感に硬質なチョークストライプが好対照のウールと、

以前ご紹介したパンツでも使われている、耐久性の高いコットンの学生服用生地「備前壱号」、

同型ですが、生地が異なるとここまで雰囲気が変わるものなのですね。

コート自体はといえば、シンプルながらワークウェアを下敷きにしたHandwerkerゆえの細かい仕事は随所に発揮されています。

襟の下にはハンガーループ。

前というより横に設けられた大振りのポケット、且つその右側に於いてはポケットの中にさらに小さなポケットが仕込まれ、内容物を仕分けできるようになっています。

裾の両脇に切り込まれたスリット。
これがまたよくできていまして、コートを纏ったままその裾からパンツのポケットにすっと手を入れられるよう動線が計算されています。

言葉では伝わりにくいので、ここは是非実物を羽織った上でお試しください。

なお、お馴染みのタグは右側後方スリット脇に縫い留められています。

と、まったく心憎いコートではあるのですが、すでに店頭でもご好評いただいているため、実はもうSサイズ(女性または小柄な男性向け)しか残っていません。

いよいよ訪れる本格的な秋に向けて、どうぞお早めにお手元へ。

…ところで。

Handwerkerを手掛けるASEEDONCLOUDの玉井さんが書いた童話が、先日発売された福音館書店『母の友』最新号に掲載されています。

店頭でもご覧いただけますが、玉井さんの作品がとても素敵なお話であるだけでなく、その他の作家陣も豪華なラインナップです。

こちらも併せて、是非!

オンラインストアはこちらです→ ネイビー×ストライプ(ウール)/ チャコール(備前壱号)