ジャンボ・ブワナ ~ MACHAKOS/ カンガショップトートバッグ

きょうは少し晴れ間も覗きますが、横浜は梅雨真っ盛り。

雨ばかりというほどではないものの、いまひとつすっきりしてくれません。

例年、だいたい梅雨明けが海の日前後ですから、あと一ヶ月は辛抱です。

強い陽射し、灼けた肌、甘い香り。
そんな情景を思い浮かべながら。

東アフリカの汎用布カンガを用いたショップトートを携えれば、気分はもう太陽の季節です。

ちなみにこの「カンガ」はスワヒリ語でホロホロ鳥を意味します。

ルーツとなった布は黒地に白い斑点で、それを纏った人の姿がホロホロ鳥に似ていたことから、そう称されるようになったとか。

現在はpindoと呼ばれる縁取り模様とmijiと呼ばれる中心模様がそれぞれ異なった図柄で描かれる、色鮮やかなものが多く作られています。
モチーフに決まりはなく、さまざまな模様があるようです。

毎年300ほどの新しい柄が生まれ、そして手作業の工芸品ゆえに同じものがまた作られるとは限りません。
まさに一期一会です。

さて、ナイロビの南東に位置する都市マチャコス、ここには女性の職人のみで構成される協同組合があります。
同組合から販売された商品の利益は、職人に安定した収入をもたらすだけでなく、一部はマチャコス周辺の社会福祉施設や教育設備にも充てられています。

このバッグはその組合のカンガを用いて、日本で縫製されています。

裏地や内ポケットのないシンプルな構造です。

生地表面の光沢は糊付けされたまま使用されているためで、使い込んだり洗ったりすることでこれが剥がれ落ち、生地自体がどんどんこなれていきます。

現地では服にしたり、赤ちゃんのおんぶ紐などにも用いられるものですから、その肌触りの柔らかさや強靭さは確かです。
どんどん使い込んでください。

ああ、それにしても夏が待ち遠しいですね。

オンラインストアはこちらです→ サークル/ イエロー×ホワイト/ シールド


イベント好評開催中です!

何とか雨に降られることなく、男祭り好評開催中です。

初のKIMURA受注会も、KIMURAファンの方や初KIMURAの方などにお楽しみいただいております。

本日は、先日お伝えしましたようにdelightful tool寺田さんが靴磨きを行っており、

その腕を揮っています(一足につき税込1,080円)。

酷使に酷使を重ねたブーツもご覧の通り。

お見事でございます。

きのうきょうの開催ですので残り時間もあと数時間、陽が長い時期ですし、どうぞ遊びにいらしてください!


Love So Fine ~ niuhans/ Fine Gauge Cotton Crew Neck SS Sweater

今季豊作なコットンニットTのなかでもとりわけ優しい表情を湛える、niuhansらしいモデルです。



その滑らかさに定評あるエジプト綿のなかでも、最高峰とされるギザ45。
繊維が細長く強度に優れているため細い糸にすることができ、且つ適度な油分を含んでいることで、しっとりとした肌触りを備えています。

このギザ45を使用して世界に数台しかないドイツのシェラー社製機械によって編み立てられた30ゲージのニット生地はふわっと素肌に心地好く、実に官能的です。
当然真夏でも快適に着ていただくことができます。

フルファッションで(パーツごとの形状に)編まれたパーツは、あまりに柔らかく繊細なため、熟練の職人が時間をかけて手で接合し、Tシャツに仕立てていきます。
実に贅沢なニットTと言えます。

デザインも普通のようでniuhansらしく細かいひねりが効いています。

襟は敢えて通常のリブでなく天竺編みにすることで引き締まった印象となりました。

袖、裾も一般的なTシャツのようにすっきりとした仕上げになっています。

こうしたディテールのお陰で、ともすれば生地の上質さゆえにラグジュアリーで甘すぎる方向に触れがちなところが抑制され、老若男女問わないニュートラルな一枚に落ち着いています。

すでにサイズ欠けも発生しており、ネイビー以外はレディース(0サイズ)しかない状況です。

まずは店頭にて触ってみてください。それが一番伝わると思います。

オンラインストアはこちらです→ ホワイト/ ベージュ/ ネイビー


思い出のサマーブリーズ ~ CURLY/ BREEZIN’ HS TEE & NC CARDE

LUCKY SOCKSでお馴染みの和紙糸、もちろんその特長は靴下のみに活きるに非ず。

軽く、毛羽立ちにくくさらりとした爽やかな質感で、吸排湿性にすぐれている、こんな素材をカットソー専業ブランドであるCURLYが見落とすはずがありません。

五分丈袖のTシャツと

九分丈袖のカーディガンがお目見えです。

いずれも同じ、和紙をベースにポリエステルを加えることで強度と厚みを持たせ、同時に透けにくくなった天竺素材”ペーパーツイストジャージー”で仕立てられています。

不思議とひんやりした肌触りで、通気性もじゅうぶんに備えた、蒸し暑い今の時期から真夏にかけて快適な生地です。

Tシャツは腕回りの可動性を重視した構造で、素材の軽快さをさらに活かしています。

カーディガンはひとつボタンのシンプルなデザインで、このボタンにはプラスティックでなく貝を用いています。

両脇にはポケットが設けられました。
ポケットの不足しがちなこの季節にはうれしいですね。

震災前ほどではないにせよ、まだまだ真夏エアコンのきつい場所は少なくありません。
そんなときの冷房対策としても、逆に直射日光避けとしても便利な一枚です。

そよ風の名の如く、爽涼な着心地を是非お確かめください。

オンラインストアはこちらです→ BREEZIN’ HS TEE/ BREEZIN’ NC CARDE


静かな湖畔の森の影から ~ KESTIN HARE/ ELPHIN SHORTS

梅雨というより台風の影響で、仲町台はいつも以上に通り行く人が少なく、ただただ風に揺れて擦れる葉と雨の音だけが響いています。

わずかにひんやりとした風が肌に心地好いですね。

ここから明日は一気に気温が上がり、なんと30度に達する見込みだとか。

…さんじゅうど!

ますます短パンに意識が向く方も多いのではないでしょうか。

ともすれば装いがくだけすぎになりがちなショートパンツ、本質的に涼を求める形状ですのでそれはそういうものなれど、ケスティンエアの手にかかればひと味違います。


ハイランドの丘陵地帯に位置する湖畔の町の名を冠したこのパンツは、腰回りのすっきりした形状、裾の折り返しなどにより上品な印象を備えています。

素材には若干のストレッチが入れられており、細身でありながら窮屈さはありません。

ベルトループも設けられているものの、腰にはドローコードが仕込まれていますので、イージーパンツとしても着用可能です。

ボタンはケスティンエアが毎年何かしらのアイテムで採用している、金属製のもの。

本体の生地と同色のコーティングが施されており、着用を繰り返すとここが剥がれ、渋い味わいを見せてくれます。

今シーズンは日本製の割合が増えた同ブランドですが、このショートパンツは英国で生産されています。

若い方から大人まで、来たる酷暑の中でも泰然たる姿勢を崩さぬ紳士諸氏のための一本です。

オンラインストアはこちら→ ネイビー/ ストーン


にこにこじまがありまして にこにこなかまがいるんです ~ EEL Products/ ポロリ

気楽で、肩の力が抜けていて、でも清潔で知性を感じる、まるでブランド名(Easy Earl Life)そのものを体現しているかのようではありませんか。


“ポロリ”は、厚みを抑えたピンポイントオックスフォードで仕立てられた、すっきりとしたデザインの比翼シャツです。

ポロシャツと同様、台襟を省いた襟付けとなっており、ボタンの開け具合で開襟シャツのような表情も見せます。

着丈に対し横幅が広めにとられ、また袖もいわゆる半袖丈でなく肘くらいまでの五分丈のため、意外とたっぷりとした着用感です。

しかしそれでもだらしなくならないのはこのミニマムなデザイン、やわらかくともハリのある生地といった諸要素のバランスの為せる業。

日に日に蒸し暑くなってきていますが、凛としてまいりましょう。
実はこっそり楽で快適というぶんには、だれからもお咎めなどありません。

オンラインストアはこちらです→ ホワイト/ ネイビー


男には自分の世界がある Pt.2

来たる6/16と17の二日にわたり、昨年秋にご好評いただいた男祭りを再び開催します。

今回は父の日と重なる日取り、且つ暖かい気候ということもあり少し構成を変更し、そしてよりバリエーション豊かな内容となりました。

まずはKIMURAのシャツ受注会。

実はとても豊富なラインナップを持つ同ブランドより未発売モデルなども含めサンプルをお借りして、そこからお好きなモデル、ご自身のサイズをオーダーしていただけます。
もちろん、現在当店店頭で完売してしまったモデルもオーダー可能です。

期間中はデザイナーの木村さんにも在店していただけることとなりましたので、是非この機会にいろいろと訊いてみてください。

お次は合同イベントといえばのLIVRERとOlde Homesteader。

LIVRERからは虫除けスプレーなど、ふだん当店ではお取扱いのない商品を、期間限定でご用意していただきます。

そしてこの2ブランド合同企画の父の日セットも限定販売します。

お好みの香りの洗剤(中性洗剤は除く)一本と、

これまたふだん当店には置いていない生成りのスラブ生地のトランクス、

合わせて5,700円相当をビニールバッグ付きで5,500円にてご提供致します(ともに税抜き価格)。

なおこちらの父の日セットは本日6/7から17まで店頭にてお買い求めいただけます。
父の日用でなくご自身用としても、是非この機会に。

(追記:6/17は夕方ごろのみOlde Homesteaderディレクターの福原さんも在店していただけることとなりました!)

そして、17日のみにはなるのですが、delightful toolの寺田さんも参戦。

今回は靴のオーダーではなく、寺田さんのもうひとつの顔、靴磨きです。

実は某有名シューケアブランドにも所属し、お手入れ指南を行っている寺田さん。
そのプロの技を一足1,000円(税抜き)にてお試しいただけます。

昨今は鏡面磨きと呼ばれる、顔が映るほどピッカピカにした手法がインスタを中心に人気ですが、今回は革の保湿を基本とした内容です。

もちろんdelightful toolの靴でなくても問題ありません。

なお、お手入れ用品もその場でお買い求めいただけます。
「ユーフォニカは靴の手入れがどうこう言っているくせに自分じゃ売らないんだもんなあ」と御立腹の方にもこれでようやくお応えすることができます…。

以上の如く、男祭りと称しても女性の方も楽しめる内容となっています(KIMURAのシャツは女性サイズも対応しています)。

当日、皆様のお越しをお待ちしております!


Instagramにショッピング機能が実装されました

本日6/5、ついにインスタグラムの投稿画像からショッピング画面へリンクすることが可能となりました。

早速ここ一ヶ月くらいの投稿についてはオンラインストアへの紐づけを行っていますのでご覧ください(完売商品については処理していません)。

これから少し時間はかかると思いますが、もっと遡って過去投稿からもお買い物や詳細の確認ができるようにしていく予定です。

今までインスタグラムは未フォローだった方も、この機会に是非!
https://www.instagram.com/euphonica_yokohama/


うつつにひとめ見しごとはあらず ~ comm. arch./ Knitted Polo in Moss Stitch

暖かい、というよりは暑いくらいになってまいりました。
実感として最高気温よりも最低気温が高くなってきたのが大きいですね。

となると本格的にポロシャツの出番です。

今年はスキッパーポロ中心のラインナップではありますが、こうしたいわゆるポロシャツ的なものも当然ご用意しています。

そうは言っても技巧派ニットブランドのコムアーチ。
単にいいポロシャツですねでは終わらせません。

シーツに使われるようなやさしい肌触りの高級インド綿をぎゅっと強撚した糸で編まれた鹿の子生地は、着込んでも毛羽が立ちにくく、やさしさと強さを兼ね備えています。

襟の構造が面白く、付け根の部位をミラノリブにすることで台襟と同等の剛性感をもたせており、ジャケットなどを羽織った際も襟がぺたっと潰れません。

胸のポケットは両面編みにして本体に対しコントラストをつけています。

裾の編みの変化もニットポロならでは。

決して華やかではなくとも、律儀で、ちょっとしたユーモアを含ませるほどには愛嬌もある、そんなデザイナー氏の人柄が偲ばれるような一枚です。

オンラインストアはこちらです


トロピカル・ダンディー ~ HAVERSACK ATTIRE/ トロピカルプリントシャツジャケット

6月ももう3日目、月並みながらまったく時の経つ早さには幾つになっても驚かされます。

そろそろ横浜も梅雨入りでしょう、そこさえ耐え抜けば熱情の季節の到来です。

このシャツジャケットが、その時を今か今かと待ち臨んでいます。

説明不要なまでに夏のリゾート感に満ち溢れたこの一枚、通気性に優れ乾いた肌触りの布をベースにプリントを施した生地で仕立てられています。

そのプリントは半世紀以上前の雑誌からトレースしたイラストを組み合わせ、HAVSERSACKで色を載せて作り上げたコラージュ柄です。

スプリットヨークをはじめとして細かいつくりやボタンの素材(白蝶貝)など、服としての基本設計は言わずもがな、いくら目がそこに行くからと言ってもプリントだけに依存するようなお子ちゃまなものづくりは決して行いません。

どう着ればいいかなんてテクニック論も野暮な話です。

夏の装いにひょいと引っかければもうそれだけで世界が完成します。

どうしてもアイテム数が限られ服装が単調になりがちな季節、その退屈を吹き飛ばすこのシャツジャケットで、夏を満喫してください。

オンラインストアはこちらです